巨大マスクを着用 公共図書館のライオン像 <マンハッタン>

マンハッタン区ミッドタウンで先月29日、ニューヨーク公共図書館を象徴する2頭のライオン像が、市民の模範となるよう、縦2フィート×横3フィートのマスクを着用した。同日付ゴッサミストが伝えた。

同図書館によると、分館の一部が13日から図書の貸し出しのみを再開するため、出入りにマスク必須だと示すためのものという。

大理石のライオンは、ライオンサイズのマスクを着用。専門家の指針にしたがって安全を確保し、ウイルスまん延に対抗するよう市民に促している。

ライオン像は、創設者である、ジョン・ジェイコブ・アスター氏とジェイムズ・レノックス氏にちなんで、「レオ・アスター」、「レオ・レノックス」と呼ばれている。1930年代に経済恐慌から立ち直るために、当時のフィオレッロ・ラガーディア市長が設置。正式名称は、南側の像がペイシェンス、北側の像がフォーティテュード。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1088

新型コロナ時代のサバイバルエクササイズ

2021年を迎えても新型コロナウイルスの猛威はなかなか鎮まらない。寒さも合間って自宅での巣ごもりが続くが、ここで運動不足になって抵抗力が落ちてしまうと本末転倒。そこで、今回は自宅でできるエクササイズと、その補助ツールやティップを紹介する。

Vol. 1086

まだまだ激動のコロナ渦教育

ニューヨーク市内の再度のシャットダウンも、いよいよ現実味を帯びてきた。リモート勤務に慣れてきた大人がいる一方、子供、そして親は、対応が二転三転する学校教育に戸惑いを覚えっぱなしだ。今、何が起こっている?

Vol. 1085

冬の乾燥対策で不安を撃退!

寒さが厳しくなるなか、新型コロナウイルスの猛威が再び押し寄せている。冬季は今まで以上にウイルスのまん延が懸念されているため、乾燥対策が重要だ。冬の乾燥対策でさまざまな不安を撃退しよう。