市内15カ所でプール開き 7月24日から開場 <マンハッタン>

ニューヨーク市のビル・デブラシオ市長は1日の定例記者会見で、市内5区の公営プールのうち、3カ所を7月24日(金)から、12カ所を8月1日(土)から開場すると発表した。1日付PIX11が伝えた。

市長は「ニューヨーク州が定めた安全対策に従って行われる」と述べ、社会的距離の保持とプール外でのマスク着用を義務付ける。先月可決した市の来年度予算では、職員のために360億ドルが充てられた。対象場所は次の通り。

▽24日=ブロンクス区マラリー、マンハッタン区ワグナー、クイーンズ区リバティー

▽8月1日=ブロンクス区クロトナ、ハッフェン、ブルックリン区サンセット、ベッツィヘッド、コスキアスコ、マンハッタン区ハミルトンフィッシュ、ジャッキーロビンソン、マーカスガーベイ、クイーンズ区アストリア、フィッシャー、スタテンアイランド区ライオンズ、トッテンビル

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1088

新型コロナ時代のサバイバルエクササイズ

2021年を迎えても新型コロナウイルスの猛威はなかなか鎮まらない。寒さも合間って自宅での巣ごもりが続くが、ここで運動不足になって抵抗力が落ちてしまうと本末転倒。そこで、今回は自宅でできるエクササイズと、その補助ツールやティップを紹介する。

Vol. 1086

まだまだ激動のコロナ渦教育

ニューヨーク市内の再度のシャットダウンも、いよいよ現実味を帯びてきた。リモート勤務に慣れてきた大人がいる一方、子供、そして親は、対応が二転三転する学校教育に戸惑いを覚えっぱなしだ。今、何が起こっている?

Vol. 1085

冬の乾燥対策で不安を撃退!

寒さが厳しくなるなか、新型コロナウイルスの猛威が再び押し寄せている。冬季は今まで以上にウイルスのまん延が懸念されているため、乾燥対策が重要だ。冬の乾燥対策でさまざまな不安を撃退しよう。