市内15カ所でプール開き 7月24日から開場 <マンハッタン>

ニューヨーク市のビル・デブラシオ市長は1日の定例記者会見で、市内5区の公営プールのうち、3カ所を7月24日(金)から、12カ所を8月1日(土)から開場すると発表した。1日付PIX11が伝えた。

市長は「ニューヨーク州が定めた安全対策に従って行われる」と述べ、社会的距離の保持とプール外でのマスク着用を義務付ける。先月可決した市の来年度予算では、職員のために360億ドルが充てられた。対象場所は次の通り。

▽24日=ブロンクス区マラリー、マンハッタン区ワグナー、クイーンズ区リバティー

▽8月1日=ブロンクス区クロトナ、ハッフェン、ブルックリン区サンセット、ベッツィヘッド、コスキアスコ、マンハッタン区ハミルトンフィッシュ、ジャッキーロビンソン、マーカスガーベイ、クイーンズ区アストリア、フィッシャー、スタテンアイランド区ライオンズ、トッテンビル

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1078

リアルで! バーチャルで!

ハロウィーン体験

大規模なパーティーやパレードが難しくとも、10月だけのホラーな雰囲気は楽しめるはず! 今号は、ニューヨーカーが仕掛けるハロウィンの試みの数々をご紹介

Vol. 1077

こだわりのダイナー

ニューヨーク市内の飲食店では先月30日から、インドアも再開。がんばる飲食店への応援も込めて、老舗ダイナーから新しいダイナーまでを紹介します。あなたにとってのお気に入りの店が見つかるかも。

Vol. 1076

ニューヨークらしい秋冬ファッション

先行きが不安な今年の秋冬だからこそ、自分らしいおしゃれで、毎日を明るく過ごしたい! 日本に一時帰国するのを控えている人も多い今年は、あえて「ニューヨークらしい」ファッションを楽しんでみない?

Vol. 1075

さりげなく差を付ける身だしなみ

新型コロナウイルスの影響で自粛生活が続き、外出しないため、身だしなみにもこだわらなくなった人も多いのでは? 外出の機会も増えていく中、さりげなく、そして、かっこよくきめる、NY在住者のこだわりの身だしなみを今号では探ってみた。