市内15カ所でプール開き 7月24日から開場 <マンハッタン>

ニューヨーク市のビル・デブラシオ市長は1日の定例記者会見で、市内5区の公営プールのうち、3カ所を7月24日(金)から、12カ所を8月1日(土)から開場すると発表した。1日付PIX11が伝えた。

市長は「ニューヨーク州が定めた安全対策に従って行われる」と述べ、社会的距離の保持とプール外でのマスク着用を義務付ける。先月可決した市の来年度予算では、職員のために360億ドルが充てられた。対象場所は次の通り。

▽24日=ブロンクス区マラリー、マンハッタン区ワグナー、クイーンズ区リバティー

▽8月1日=ブロンクス区クロトナ、ハッフェン、ブルックリン区サンセット、ベッツィヘッド、コスキアスコ、マンハッタン区ハミルトンフィッシュ、ジャッキーロビンソン、マーカスガーベイ、クイーンズ区アストリア、フィッシャー、スタテンアイランド区ライオンズ、トッテンビル

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。