工事中止の建物が倒壊 軽症者は1人のみ <ブルックリン>

ブルックリン区キャロルガーデンで1日、構造上の問題のため建設工事の中止を命じられていた3階建てのスポーツジムが倒壊し、路上ががれきの山となった。同日付PIX11が伝えた。

同地区のユニオンストリートとコートストリートの交差点付近に設置されたビデオでは、建物は午後4時40分ごろに倒壊したことが確認できる。

建物ではジム「ボディ・エリート」が営業していたが、ニューヨーク市のコロナウイルスの感染防止ガイドラインにより、同ジムは閉鎖していた。同ジムのセールスマネジャー、ロディ・エバンスさんによると、通常だと60〜70人がジムにいた可能性があったという。

救急医療班のリリアン・ボンシニョール班長によると、1人が倒壊により軽傷を負った。

市建築局によると、「がれきの山のさらなる崩壊の危険はない」とし、建物の完全な解体を命じた。

同建物は建築法違反のため、6月10日に建築作業の部分停止命令が同局により出されていた。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1113

ちょっとそこまで  魅惑のシティーアイランド

ブロンクスにあるシティーアイランドは、シーフードやマリンスポーツをはじめ、のんびり散歩も楽しめるという魅力的な海辺の街。知る人ぞ知るリゾート地なだけに、訪れたことがないという人も多いかもしれない。そんなシティーアイランドの見所をたっぷりご紹介!

Vol. 1112

この夏は野球アツい!

野球大国であるアメリカ。シーズン真っ最中のMLBの観戦はもちろん、ここニューヨークでは日本人チームによる草野球も盛り上がっているようだ。そんな幅広い野球の魅力を今こそ語り合おう!

Vol. 1111

いよいよ経済再開! ニューヨーク復活へ

6月24日、ついにニューヨーク州の非常事態宣言が解除された。新型コロナウイルスのあらゆる制限が解除となり、約1年3カ月ぶりに本格的に経済再開を果たしたニューヨーク。街は復活に向け着々と進んでいる。

Vol. 1110

ダイバーシティーな街、NYCがムーブメントの発信地! プライド月間への理解を深める

6月はプライド月間。街中を歩いていてもレインボーカラーに彩られたお店をよく目にするようになった。昨年ジョージ・フロイド氏の事件をきっかけに巻き起こったブラック・ライブス・マターのムーブメントやアジアンヘイトの事件の数々など、マイノリティーが声をあげて立ち上がる中、性的マイノリティーとされるLGBTQコミュニティーも積極的に行動を起こしている。