BLM文字を路上に トランプタワー前も設置<マンハッタン>

ニューヨーク市のビル・デブラシオ市長は、マンハッタン区ミッドタウンの、トランプタワーのあるブロックの路上に、「ブラック・ライブズ・マター(BLM)」の文字を描く計画を推進している。先月24日付パッチが伝えた。

市長は先月初め、市内5区全区の路上5カ所に「BLM」の文字を黄色で大きく描く、パブリックアート計画を発表。トランプタワーのある5アベニューと同区ハーレムの2カ所が追加され、市内で計7か所に描かれることになった。

ニューヨーク・ポストによると、「BLM」の文字は、5アベニューの56ストリートと57ストリートの間に、7月4日前に描かれる予定だという。

今回の計画は、人種差別や警官の暴力に対する抗議として、最初にホワイトハウス近くの路上に大きく「BLM」と黄色で描かれたことがきっかけ。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。