アマゾンが契約締結 大規模倉庫が誕生 <クイーンズ>

eコマースの最大手「アマゾン」が先月23日、クイーンズ区マスぺスにある100万平方フィートの巨大な倉庫のリース契約に署名した。同24日付amニューヨークが伝えた。

新倉庫は、同社の第2本社の建設予定地だった場所からほど近い、旧カスケード・コンテナボード工場があったグランドアベニューに建設中。

第2本社建設で約束していた2万5000件の雇用は創出しないが、同社の宅配を請け負う個人事業者に、ビジネスの機会を提供する。

同地区を代表するロバート・ホールデン市議会議員は、「パンデミックによって多くの人が失業しているいま、これまで以上に仕事が必要になる」と、同社の進出を歓迎した。

一方、建設により工業地帯からロングアイランド高速道路を移動する大型トラックなどで、すでに渋滞地域となっている住宅地では、さらなる混雑を懸念している。同社は2月、同地区のレンタープラザに25万平方フィートの施設もリース契約している。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1074

風を感じる

新型コロナウイルスの影響により、普段あまり気にしていなかった「換気」に注目が集まっている今、やはり「風」が生活のポイントといえるだろう! そこで、今号では身近な場所で「風をどこまで感じられるか」をテーマに、NYCや近郊で体験できる場所を紹介していく。

Vol. 1073

パンデミック明けのヘルスチェック

個々の努力が実り、パンデミックも鎮静化して来たニューヨーク。「まだまだ予断は許さない!」と警戒する人も多いが、そろそろコロナ以外の健康にも目を向けよう。ニューヨーク近辺にオフィスを構える医師5人に、「今、どんな健康被害が心配か」を聞いた。

Vol. 1072

今こそ、サステナブルな行動を!

今年1月、国連でSDGs(持続可能な開発目標)を達成するための「行動の10年」がスタート。温暖化の加速で地球が警鐘を鳴らし、自然環境を保持するサステナブル(持続可能)な暮らしが求められている。今こそ、できることから行動を起こそう!

Vol. 1071

新学期が始まる

新型コロナウイルスを意識しながらの登校再開か、遠隔授業か…今年は特に、子育てで悩む保護者も多いだろう。この秋学期を有意義にするには、どうすればいい? さまざまな立場の「教育者」に話を聞いた。