差別に高校が対処 生徒が体験を発信 <マンハッタン>

マンハッタン区アッパーウェストの私立高校、コロンビア・グラマー・アンド・プレパラトリー・スクール(CGPS)は先月24日、インスタグラムに学生の人種差別体験が投稿されたことを受け、学内の体系的な人種差別をなくすために、多様性コンサルタントを雇用するなど変化を起こすことを声明で発表した。同25日付NBCニューヨークが伝えた。

同校のウィリアム・M・ドノヒュー校長は、学生が他の学生から差別的な言葉を投げかけられたことや、学校職員が学生を人種的にプロファイリングしていたことを知り、「体系的な人種差別がCGPSに存在し、有色人種の学生および卒業生に包括的で公平な環境を提供しなかったことをおわびします」と謝罪した。

また、事態を改善するために、教育者として経験を積んだ「エクイティ&インクルージョンコンサルタント」のマーサ・ハックマット氏の採用を発表した。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。