市選挙委員会に罰金 倫理法に違反<マンハッタン>

ニューヨーク市利益相反委員会は先月25日、、市の倫理法に違反したとして、同市選挙管理委員会のマイケル・ライアン理事に罰金を科した。同日付ゴッサミストが伝えた。

同理事は2016年、選挙管理委員会が投票機やその他の消耗品を購入していた、「エレクション・システムズ・アンド・ソフトウェア(ES&S)」の諮問(しもん)委員会の無給委員を務めていた。当時マンハッタン区で行われた会議に出席するための宿泊費を、ES&Sから提供されていた。

利益相反委員会は16年8月3日および4日に、同理事がマリオット・マーキス・ホテルに宿泊した費用760ドル80セントをES&Sが支払ったことが、倫理法に違反したとし、ライアン理事に罰金2500ドルを科した。

同氏は和解文書の中で、「4日午前8時45分に始まる会議に、スタテンアイランドの自宅から出席するのは不便なため、ホテルに滞在した。職務遂行のため必要だった」としたが、2泊目を正当化する考えはないと違反を認めた。18年に同委員会を辞任している。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1088

新型コロナ時代のサバイバルエクササイズ

2021年を迎えても新型コロナウイルスの猛威はなかなか鎮まらない。寒さも合間って自宅での巣ごもりが続くが、ここで運動不足になって抵抗力が落ちてしまうと本末転倒。そこで、今回は自宅でできるエクササイズと、その補助ツールやティップを紹介する。

Vol. 1086

まだまだ激動のコロナ渦教育

ニューヨーク市内の再度のシャットダウンも、いよいよ現実味を帯びてきた。リモート勤務に慣れてきた大人がいる一方、子供、そして親は、対応が二転三転する学校教育に戸惑いを覚えっぱなしだ。今、何が起こっている?

Vol. 1085

冬の乾燥対策で不安を撃退!

寒さが厳しくなるなか、新型コロナウイルスの猛威が再び押し寄せている。冬季は今まで以上にウイルスのまん延が懸念されているため、乾燥対策が重要だ。冬の乾燥対策でさまざまな不安を撃退しよう。