市選挙委員会に罰金 倫理法に違反<マンハッタン>

ニューヨーク市利益相反委員会は先月25日、、市の倫理法に違反したとして、同市選挙管理委員会のマイケル・ライアン理事に罰金を科した。同日付ゴッサミストが伝えた。

同理事は2016年、選挙管理委員会が投票機やその他の消耗品を購入していた、「エレクション・システムズ・アンド・ソフトウェア(ES&S)」の諮問(しもん)委員会の無給委員を務めていた。当時マンハッタン区で行われた会議に出席するための宿泊費を、ES&Sから提供されていた。

利益相反委員会は16年8月3日および4日に、同理事がマリオット・マーキス・ホテルに宿泊した費用760ドル80セントをES&Sが支払ったことが、倫理法に違反したとし、ライアン理事に罰金2500ドルを科した。

同氏は和解文書の中で、「4日午前8時45分に始まる会議に、スタテンアイランドの自宅から出席するのは不便なため、ホテルに滞在した。職務遂行のため必要だった」としたが、2泊目を正当化する考えはないと違反を認めた。18年に同委員会を辞任している。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1137

ブロードウェーウィークがスタート!今、見るべきミュージカルガイド

昨秋、1年半ぶりに再開されたブロードウェーミュージカル。今月18日からはブロードウェーウィークが始まり話題の新作やリバイバル作品がめじろ押しだ。今、見るべきおすすめのミュージカルやその見どころをダンサーの小野由利加さんに紹介してもらう。

Vol. 1136

運気を上げる!ニューヨークの開運スポット

「今年こそは良い年にしたい!」と皆が希望を持つ新年。オミクロン株が猛威を振るう中、まだまだ先の見えない世の中を実感している人も多いはず。そんな状況に負けず、良いパワーを引き寄せて素敵な一年にするために、スピリチュアルの先生に2022年開運のヒントを教えてもらおう!

Vol. 1134

年末は編み物しながらリラックス!

今年もやってきた年の瀬。気温も下がり、自宅で過ごす時間が長くなるこの時期、暖かい部屋でお気に入りの音楽やポッドキャストを聞きながら、編み物に没頭してみるのはいかが? ストレス解消にもつながるという編み物の魅力を知ってみよう。