市選挙委員会に罰金 倫理法に違反<マンハッタン>

ニューヨーク市利益相反委員会は先月25日、、市の倫理法に違反したとして、同市選挙管理委員会のマイケル・ライアン理事に罰金を科した。同日付ゴッサミストが伝えた。

同理事は2016年、選挙管理委員会が投票機やその他の消耗品を購入していた、「エレクション・システムズ・アンド・ソフトウェア(ES&S)」の諮問(しもん)委員会の無給委員を務めていた。当時マンハッタン区で行われた会議に出席するための宿泊費を、ES&Sから提供されていた。

利益相反委員会は16年8月3日および4日に、同理事がマリオット・マーキス・ホテルに宿泊した費用760ドル80セントをES&Sが支払ったことが、倫理法に違反したとし、ライアン理事に罰金2500ドルを科した。

同氏は和解文書の中で、「4日午前8時45分に始まる会議に、スタテンアイランドの自宅から出席するのは不便なため、ホテルに滞在した。職務遂行のため必要だった」としたが、2泊目を正当化する考えはないと違反を認めた。18年に同委員会を辞任している。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1125

出張者にも! 一時帰国者にも!  NYのお土産・手土産は何がおすすめ?

コロナ禍でも一時帰国をする在米日本人は多く、また10月1日からワクチン接種証明書による日本帰国後の隔離期間が短縮されたこともあり、出張者も徐々に戻って来る見込みだ。そんな帰国の際、知っておくと便利なニューヨークならではのお土産、手土産についてチェックしよう!

Vol. 1124

ロシア人街でフクースナ(おいし〜い)!

ブルックリン区最南端のブライトンビーチは、ロシアと黒海沿岸地域からの移民が多く暮らすエリア。地下鉄高架下や周辺には、郷土史色豊かな食べ物を売る店やレストランが軒を並べている。

Vol. 1123

ニューノーマルのバーバー事情

いよいよ経済の復興期に突入したニューヨーク。対面ビジネスも次々に再開され、男性の身だしなみが気になり始めた。新しいノーマルに向けて活況を呈する理容の世界をのぞいてみよう。

Vol. 1122

コロナに負けず NYファッションシーンが再開!

まだまだデジタルでの新作発表を行うブランドが多いものの、パンデミック以降、初めてゲストを招いてのニューヨーク・ファッション・ウィークが再開した。今回のショーの動向、ニューヨークのファッションシーンを盛り上げるべく奮闘する、日本人デザイナーやモデルにもフォーカスする。