ロマンス詐欺で2人起訴 600万ドル以上の被害 <ニュージャージー>

ニュージャージー州バーリントン郡で先月23日、国際的な出会い系の偽サイトを通じてロマンス詐欺に協力したとして、メープルシェードに住む夫婦が起訴された。同24日付NBCニューヨークが伝えた。

マーティン・フライデイ・イナレグウ被告(31)およびスタインシー・マシュー被告(24)は、出会い系サイトに偽プロフィールで登録。利用者から総額600万ドル以上をだまし取り、被害者らには、送金した金銭をあきらめるように説得したとされる。

連邦検察は、33人以上の被害者をすでに特定。被害者らは両被告に直接送金した310万ドルを含め、総額で600万ドル以上を詐欺の共謀者に送金している。

検察によると、両被告は2016年10月から先月までの間に得た金を、個人的な支出に費やしたり、管理する他の銀行口座に振り替え、ナイジェリアとトルコの共謀者が保有する銀行口座に資金移動したという。両被告は、同23日に電信詐欺、メール詐欺の罪で起訴され、出廷した。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。