ロマンス詐欺で2人起訴 600万ドル以上の被害 <ニュージャージー>

ニュージャージー州バーリントン郡で先月23日、国際的な出会い系の偽サイトを通じてロマンス詐欺に協力したとして、メープルシェードに住む夫婦が起訴された。同24日付NBCニューヨークが伝えた。

マーティン・フライデイ・イナレグウ被告(31)およびスタインシー・マシュー被告(24)は、出会い系サイトに偽プロフィールで登録。利用者から総額600万ドル以上をだまし取り、被害者らには、送金した金銭をあきらめるように説得したとされる。

連邦検察は、33人以上の被害者をすでに特定。被害者らは両被告に直接送金した310万ドルを含め、総額で600万ドル以上を詐欺の共謀者に送金している。

検察によると、両被告は2016年10月から先月までの間に得た金を、個人的な支出に費やしたり、管理する他の銀行口座に振り替え、ナイジェリアとトルコの共謀者が保有する銀行口座に資金移動したという。両被告は、同23日に電信詐欺、メール詐欺の罪で起訴され、出廷した。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1081

コロナウイルスニューヨーク・2020年秋冬版

まだまだ忍耐の日々は続きそうだ。現在進行形で感染者数が激増しているが、検査の実態は? 日本へ帰国するとどうなる? ジャピオンと情報を整理しよう。

Vol. 1080

進むキャッシュレス化

新型コロナウイルスの影響で、ますますキャッシュレス化が加速している。コロナ禍での変化や便利なツールなどを、専門家たちに聞いてみた。

Vol. 1079

食欲の秋

ステーキが食べたい

おいしいものをたらふく食べたい季節ということで、今号ではステーキを大特集! サンクスギビング、クリスマスシーズンを前に、お家でおいしくステーキを焼くテクニックや、おいしいステーキが味わえるスポットを知っておくべし!

Vol. 1078

リアルで! バーチャルで!

ハロウィーン体験

大規模なパーティーやパレードが難しくとも、10月だけのホラーな雰囲気は楽しめるはず! 今号は、ニューヨーカーが仕掛けるハロウィンの試みの数々をご紹介