州外の訪問者を隔離 3州知事が勧告を発令<オールバニ>

ニューヨーク、ニュージャージー、コネティカットの3州は先月24日、新型コロナウイルスの感染率が急上昇している米国内の他州から3州に移動する人に対し、14日間の自主隔離を求める勧告を出した。同25日付パッチが伝えた。

対象となるのは、7日移動平均で人口10万人あたりの新規感染者が10人を超えるか、陽性率が10%以上の州からの来訪者。自主隔離が求められるのは30日時点で、アラバマ、アーカンソー、アリゾナ、フロリダ、ノースカロライナ、サウスカロライナ、ワシントン、テキサス、ユタ、カリフォルニア、ジョージア、アイオワ、アイダホ、ルイジアナ、ミシシッピ、ネバダ、テネシーの各州。これらの州から帰ってくる住民も、14日間の自主隔離の対象。勧告の違反者には、2000〜1万ドルの罰金が科されるという。

ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ知事は先月23日、「ニューヨークはついに回復しつつあり、このすばらしい進展を台無しにしないことがいかに大事かは、強調してもしきれない」と述べた。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。