奴隷解放記念日が祝日に 州知事が公務員向けに制定 <オールバニ>

ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ知事は17日、奴隷開放記念日である6月19日「ジューンティーンス」を、州の公務員の祝日にする行政命令に署名したと発表した。17日付CBSニューヨークが伝えた。

知事はさらに、ジューンティーンスの重要性が十分認識されていないとして、来年からジューンティーンスを州の祝日とする法案を提出することを明らかにした。知事は、「現在は、より良い社会を実現するための大きな変化を目撃し得る時代だ。警察の改革や人種についての理解の拡大など、そうした変化をもたらす力の一部でありたいと願っている」と述べた。

南北戦争中の1862年9月22日、リンカーン大統領は、南部連合支配地域の奴隷解放を命じた宣言を発令した。だが、その宣言が全米に届いたのは2年以上たった65年6月19日で、テキサス州にたどり着いた連邦軍が、奴隷制度の廃止を告げた時だった。このことからテキサス州は1980年、ジューンティーンスを州の祝日とした最初の州となった。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1073

パンデミック明けのヘルスチェック

個々の努力が実り、パンデミックも鎮静化して来たニューヨーク。「まだまだ予断は許さない!」と警戒する人も多いが、そろそろコロナ以外の健康にも目を向けよう。ニューヨーク近辺にオフィスを構える医師5人に、「今、どんな健康被害が心配か」を聞いた。

Vol. 1072

今こそ、サステナブルな行動を!

今年1月、国連でSDGs(持続可能な開発目標)を達成するための「行動の10年」がスタート。温暖化の加速で地球が警鐘を鳴らし、自然環境を保持するサステナブル(持続可能)な暮らしが求められている。今こそ、できることから行動を起こそう!

Vol. 1071

新学期が始まる

新型コロナウイルスを意識しながらの登校再開か、遠隔授業か…今年は特に、子育てで悩む保護者も多いだろう。この秋学期を有意義にするには、どうすればいい? さまざまな立場の「教育者」に話を聞いた。

Vol.1070

ちまたで噂のCBDを有効活用

「CBD(シービーディー)」をご存知だろうか? 有効活用することでリラックス効果や安眠効果も得られるという、ナチュラル由来の成分。おうち時間も多い今、CBDを理解したうえでトライしてみては?