奴隷解放記念日が祝日に 州知事が公務員向けに制定 <オールバニ>

ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ知事は17日、奴隷開放記念日である6月19日「ジューンティーンス」を、州の公務員の祝日にする行政命令に署名したと発表した。17日付CBSニューヨークが伝えた。

知事はさらに、ジューンティーンスの重要性が十分認識されていないとして、来年からジューンティーンスを州の祝日とする法案を提出することを明らかにした。知事は、「現在は、より良い社会を実現するための大きな変化を目撃し得る時代だ。警察の改革や人種についての理解の拡大など、そうした変化をもたらす力の一部でありたいと願っている」と述べた。

南北戦争中の1862年9月22日、リンカーン大統領は、南部連合支配地域の奴隷解放を命じた宣言を発令した。だが、その宣言が全米に届いたのは2年以上たった65年6月19日で、テキサス州にたどり着いた連邦軍が、奴隷制度の廃止を告げた時だった。このことからテキサス州は1980年、ジューンティーンスを州の祝日とした最初の州となった。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1114

楽しい夏こそ紫外線対策!

太陽が燦々と照りつける毎日、外で楽しく遊べる季節だからこそ、きちんとした知識を持って、紫外線対策をしたいところ。紫外線に当たることで起こるさまざまな弊害も今号できちんと把握しておこう!

Vol. 1113

ちょっとそこまで  魅惑のシティーアイランド

ブロンクスにあるシティーアイランドは、シーフードやマリンスポーツをはじめ、のんびり散歩も楽しめるという魅力的な海辺の街。知る人ぞ知るリゾート地なだけに、訪れたことがないという人も多いかもしれない。そんなシティーアイランドの見所をたっぷりご紹介!

Vol. 1112

この夏は野球アツい!

野球大国であるアメリカ。シーズン真っ最中のMLBの観戦はもちろん、ここニューヨークでは日本人チームによる草野球も盛り上がっているようだ。そんな幅広い野球の魅力を今こそ語り合おう!

Vol. 1111

いよいよ経済再開! ニューヨーク復活へ

6月24日、ついにニューヨーク州の非常事態宣言が解除された。新型コロナウイルスのあらゆる制限が解除となり、約1年3カ月ぶりに本格的に経済再開を果たしたニューヨーク。街は復活に向け着々と進んでいる。