ニューヨーク、1年間の家賃凍結 家賃規制の賃貸が対象 <マンハッタン>

ニューヨーク市の家賃ガイドライン委員会は17日、家賃規制(レントコントロール)が適応される賃貸住宅に関し、賛成6、反対3で、10月1日(木)から2021年9月30日(木)までの1年間の家賃凍結を決定した。18日付FOX5ニューヨークが伝えた。

同市に家賃規制された賃貸住宅にはおよそ200万人が居住。同決定は市内のおよそ半分の賃貸住宅に影響を与える。

一方、市内約100万戸の家賃規制アパートの所有者を代表する、「レント・スタビリゼーション・アソシエーション」は、市長と同委員会に対し、「家主が支払う固定資産税6%の増加や運営コスト増加を無視した家賃凍結の結果は不当」と声明を発表した。

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けた住民に対する立ち退き猶予期間は、8月で終了。大量の立ち退きが懸念される。多くの家主は数カ月間テナントからの家賃が回収できず、少なくとも2%の家賃値上げを要求していた。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。

Vol. 1240

今年のセントパトリックデーはイル文化を探索しよう

3月17日(土)のセントパトリックデー(Saint Patrick’s Day。以下:聖パトリックデー)が近づくとニューヨークの街中が緑色の装飾で活気づく。一足先に春の芽吹きを感じさせるこの記念日は、アイルランドの血を引く人にとっては「盆暮れ」と同じくらい大事。大人も子供も大はしゃぎでパレード見物やアイリッシュパブに出かける。聖パトリックデーとアイルランド魂の真髄を紹介する。