高齢者プログラム開始 コロナ禍の孤立を防ぐ<マンハッタン>

ニューヨーク市高齢者支援局(DFTA)は、同市が活動再開を段階的に実施する期間、高齢者の社会的孤立を防ぐことを目的としたキャンペーンを立ち上げている。17日付amニューヨークが伝えた。

同キャンペーンは今月開始され、地元のラジオ放送やソーシャルメディアを通じて高齢者への配慮を呼び掛けるもの。キャンペーンの一環としてDFTAは、ブロードウェーで活躍する俳優で劇作家のリン=マニュエル・ミランダさんの公共放送を公開した。

ミランダさんは放送で、「一人暮らしの年配の市民にとって孤立することがどんな感じか、想像できるでしょうか。10分で貢献することができます。年配の人に10分電話をかけることは、驚異的な効果を発揮します」と、呼び掛けている。

また、高齢者と友情を築き、社会的孤立を防ぐよう組み立てられたDFTAのフレンドリー・ビジティング・プログラムへのボランティア活動も募集。参加希望および問い合わせは、DFTAのエイジング・コネクト(212-244-6469)まで。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1130

今年は75周年のメモリアルイヤー! NBAを見に行こう!

レギュラーシーズン開幕から約1カ月。創設75周年を迎えたNBAは、今季ならではのイベントが盛りだくさんだ。今、話題のNBA系YouTuber、Rikuto AFさんとニコラス武さんの解説と共に、その魅力を紹介する。

Vol. 1129

NYC新市誕生! エリック・アダムス氏を解剖

2日に行われたニューヨーク市の市長選で民主党のエリック・アダムス氏が当選し、次期ニューヨーク市長に就任する。エリック・アダムス氏とはどんな人物なのか? そして今後のニューヨークはどう変わるのか?

Vol. 1128

ビザ最新情報 2021秋冬版

2023年度DV(移民多様化)抽選永住権の米国務省受付が、9日正午で終了した。今号では、H、E、L、Oビザなどの非移民ビザや永住権に関する最新情報を紹介する。

Vol. 1127

今年は何する? もうすぐサンクスギビングデー!

いよいよサンクスギビングデーがやってくる。今年は例年のパレードも復活し、感謝祭ディナーに大セールと楽しいイベントがめじろ押し。日本人にはなじみない文化とはいえ、せっかくアメリカに住んでいるのなら目いっぱい楽しまなきゃ損! 今号はそんなサンクスギビングを存分に満喫するための情報をお届けする。