打ち上げ花火で騒音 311に苦情相次ぐ <ブルックリン>

ニューヨーク市ではここ数週間、路上や屋上から打ち上げられた違法の花火が大幅に急増しており、それに伴う騒音の苦情も増えている。18日付FOX5ニューヨークが伝えた。

騒音についての市の苦情ホットラインには、今月前半に1300件以上の苦情が寄せられ、14日の日曜日だけでも455件あった。昨年同時期はわずか21件で、大幅な増加である。

市内では、子供も持つことのできる手持ち花火は購入できるが、爆音を立てる打ち上げ花火の購入は違法。現在日没から深夜まで打ち上げられている花火の入手先は不明だ。

ブルックリン区では、花火による騒音に悩まされ、通報しようとする人々と、通報が警察の不当な暴力のきっかけとなることを懸念する人々の間で意見が対立している。

花火の急増はニューヨーク市内だけでなく、ウェストチェスターやシラキュース、コネティカット州、マサチューセッツ州、メリーランド州にいたるまで、さまざまな場所でみられており、現在も毎夜続いている。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1078

リアルで! バーチャルで!

ハロウィーン体験

大規模なパーティーやパレードが難しくとも、10月だけのホラーな雰囲気は楽しめるはず! 今号は、ニューヨーカーが仕掛けるハロウィンの試みの数々をご紹介

Vol. 1077

こだわりのダイナー

ニューヨーク市内の飲食店では先月30日から、インドアも再開。がんばる飲食店への応援も込めて、老舗ダイナーから新しいダイナーまでを紹介します。あなたにとってのお気に入りの店が見つかるかも。

Vol. 1076

ニューヨークらしい秋冬ファッション

先行きが不安な今年の秋冬だからこそ、自分らしいおしゃれで、毎日を明るく過ごしたい! 日本に一時帰国するのを控えている人も多い今年は、あえて「ニューヨークらしい」ファッションを楽しんでみない?

Vol. 1075

さりげなく差を付ける身だしなみ

新型コロナウイルスの影響で自粛生活が続き、外出しないため、身だしなみにもこだわらなくなった人も多いのでは? 外出の機会も増えていく中、さりげなく、そして、かっこよくきめる、NY在住者のこだわりの身だしなみを今号では探ってみた。