打ち上げ花火で騒音 311に苦情相次ぐ <ブルックリン>

ニューヨーク市ではここ数週間、路上や屋上から打ち上げられた違法の花火が大幅に急増しており、それに伴う騒音の苦情も増えている。18日付FOX5ニューヨークが伝えた。

騒音についての市の苦情ホットラインには、今月前半に1300件以上の苦情が寄せられ、14日の日曜日だけでも455件あった。昨年同時期はわずか21件で、大幅な増加である。

市内では、子供も持つことのできる手持ち花火は購入できるが、爆音を立てる打ち上げ花火の購入は違法。現在日没から深夜まで打ち上げられている花火の入手先は不明だ。

ブルックリン区では、花火による騒音に悩まされ、通報しようとする人々と、通報が警察の不当な暴力のきっかけとなることを懸念する人々の間で意見が対立している。

花火の急増はニューヨーク市内だけでなく、ウェストチェスターやシラキュース、コネティカット州、マサチューセッツ州、メリーランド州にいたるまで、さまざまな場所でみられており、現在も毎夜続いている。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1088

新型コロナ時代のサバイバルエクササイズ

2021年を迎えても新型コロナウイルスの猛威はなかなか鎮まらない。寒さも合間って自宅での巣ごもりが続くが、ここで運動不足になって抵抗力が落ちてしまうと本末転倒。そこで、今回は自宅でできるエクササイズと、その補助ツールやティップを紹介する。

Vol. 1086

まだまだ激動のコロナ渦教育

ニューヨーク市内の再度のシャットダウンも、いよいよ現実味を帯びてきた。リモート勤務に慣れてきた大人がいる一方、子供、そして親は、対応が二転三転する学校教育に戸惑いを覚えっぱなしだ。今、何が起こっている?

Vol. 1085

冬の乾燥対策で不安を撃退!

寒さが厳しくなるなか、新型コロナウイルスの猛威が再び押し寄せている。冬季は今まで以上にウイルスのまん延が懸念されているため、乾燥対策が重要だ。冬の乾燥対策でさまざまな不安を撃退しよう。