ルーズベルト像撤去へ 「差別的」と物議、市長も容認 <マンハッタン>

マンハッタン区アッパーウェストサイドの自然史博物館入り口にある、セオドア・ルーズベルト元米大統領の像が撤去されることになった。21日夜、ニューヨーク市のビル・デブラシオ市長は、「博物館側から撤去の申し出を受けての措置」と発表した。22日付NBCニューヨークが伝えた。

同博物館のエレン・フッター館長は、「当館と市、そして全米の人種間平等に向けての情熱的な探究における前進を切望する中で、像の撤去は進歩の象徴となると信じている」と声明を発表した。

馬に乗ったルーズベルトの両脇に黒人と先住民の男性が付き従った像は、1940年に設置。人種差別的だとして、2017年から撤去を求める声が上がっていた。撤去の時期や撤去後の行き先についてはまだ不明。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1094

音は続くよ、どこまでも

音を楽しむと書いて「音楽」と読むがまさに今、長く続くコロナ禍で音楽が心の支えとなっている人も、多いのではないだろうか。  今号では、コロナに負けず活動を続けるミュージシャンたちを一部だが紹介していく。オンラインはもちろん、直接鑑賞できる機会も紹介。聞いて感じて、あなただけの癒やしの音を手に入れよう!

Vol. 1093

暮らしのトラブルに強くなる!

水道詰まり、ネズミ被害、家賃交渉——他の人が経験しているあれこれ、自分に降りかかった時のことは考えてる? 今号は、住居にまつわる意外と忘れがちな自衛対策を紹介。

Vol. 1092

寒い冬だからこそあったかスープで芯まで温まりたい!

寒さの厳しいニューヨークの冬には温かいスープを! 外食規制のある現在、家で作れるスープレシピをマスターするも良し。オススメのスープのテークアウトもよし。寒い冬を乗り切ろう!

Vol. 1091

創作の世界「縫う、編む、織る人々」

刺しゅう、手芸、編み物、キルト、洋裁、和裁……。布と糸を使った創作は幅広いが、今号は、オーダーメードで制作するアーティストや教室で教える講師の「縫う、編む、織る」作品にフォーカス。オリジナル作品をオーダーしたり、自宅で実際に作ってみたりしながら、創作の世界を感じてみよう。