夜間にギャングが銃撃戦 1人死亡、2人負傷 <ブルックリン>

ブルックリン区で17日夜、2件の銃撃事件が発生し、男性1人が死亡、2人が負傷した。同区では銃撃事件が相次いでおり、警察はギャング抗争に関連するものとみている。18日付amニューヨークが伝えた。

夜9時すぎ、同区ブラウンズビルのオズボーンストリートに面した市公営住宅前で、47歳の男性が撃たれて死亡。警察が現場に向かったところ、男性は地面に倒れ、胸部を数カ所撃たれていた。

逮捕者は出ておらず、捜査当局は、銃撃犯の身元を特定するため、監視カメラ映像を確認している。

また、同区サイプレスヒルズのシェフィールドアベニューとアトランティックアベニューの角では、同日夜、2組の集団が激しく口論となった後に銃撃戦へ発展。通りすがりの車が流れ弾に当たったが、運転手にけがはなかった。

警察は撃ち合いを行っていた男2人を発見。1人は肩、もう1人は足を負傷していたが、いずれも容態は安定している。銃撃に使用した銃は見つかっていない。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1088

新型コロナ時代のサバイバルエクササイズ

2021年を迎えても新型コロナウイルスの猛威はなかなか鎮まらない。寒さも合間って自宅での巣ごもりが続くが、ここで運動不足になって抵抗力が落ちてしまうと本末転倒。そこで、今回は自宅でできるエクササイズと、その補助ツールやティップを紹介する。

Vol. 1086

まだまだ激動のコロナ渦教育

ニューヨーク市内の再度のシャットダウンも、いよいよ現実味を帯びてきた。リモート勤務に慣れてきた大人がいる一方、子供、そして親は、対応が二転三転する学校教育に戸惑いを覚えっぱなしだ。今、何が起こっている?

Vol. 1085

冬の乾燥対策で不安を撃退!

寒さが厳しくなるなか、新型コロナウイルスの猛威が再び押し寄せている。冬季は今まで以上にウイルスのまん延が懸念されているため、乾燥対策が重要だ。冬の乾燥対策でさまざまな不安を撃退しよう。