市が無償提供 低所得高齢者にエアコン <マンハッタン>

ニューヨーク市は、低所得の高齢者にエアコンを無償提供する、新たなプログラムを開始した。12日付PIX11が伝えた。

今月末までに、公営住宅を中心に7万4000台の配布を目指し、ビル・デブラシオ市長は、「全体の3分の1を市住宅公団の住宅に住む高齢者に配布する予定」と述べた。

12日時点、市は配布対象者2万5000人のうち、すでに4500台の設置を終え、うち1900台以上が市住宅公団の住宅へ設済みだという。

一方、市の公共サービス委員会は、低所得世帯の電気料金に対しての補助金を倍増するという市の申請を承認した。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1103

奥深い中国茶の世界

今ひそかにブームとなっている中国茶。お茶の発祥の地、中国で生まれた奥深い中国茶を知って、さまざまな香りや味、飲み方を楽しめる魅惑的なお茶の世界を旅してみよう。

Vol. 1102

本格的に春が到来 NY近郊の桜スポット!

長い冬が終わり、心も軽やか。街の至るところで見頃を迎えている桜はもちろん、市内やニューヨーク州近郊の春の花々が楽しめるスポットを紹介する。

Vol. 1101

一味違う! アカデミー賞
今月25日に開催される、「第93回 アカデミー賞授賞式」。新型コロナウイルスの影響で、同授賞式も例年と異なる形で開催される予定だ。俳優のスピーチや衣装など、何かと話題になる同授賞式の見どころを、徹底紹介していく。

Vol. 1100

今こそ学ぶ 日本人と米国の歴史

世界中から移民が集まる米国は日本と異なり、まだまだ歴史が浅い若い国だ。日本の先駆者たちが海をわたり、文化や社会の違いを学び、日本の発展に貢献した。しかし私たちは、その歴史をほとんど知らないまま米国に住んでいる。今号では、そういった歴史の一部を紹介していく。