空港に新ターミナル 80億ドル投じて近代化 <クイーンズ>

ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ知事は10日、13日から一般公開される、ラガーディア空港の新ターミナルBを見学した。10日付FOX5ニューヨークが伝えた。

老朽化した空港を、21世紀に対応する施設へと変貌させる新空港計画は、ターミナルBの改装から始まった。工事のために、およそ80億ドルが費やされた。

新ターミナルは4階建て、約7万9000平方メートルの広さに、ニューヨークを象徴するレストランも備えるという。

港湾局のリック・コットン理事は、「利用客は素晴らしいアートに出迎えられ、チェックインには最新の技術を使用している。古いラガーディア空港とは一線を画している」と話す。

同局によると、旧ターミナルBの建物は、およそ6カ月で更地になる予定だという。

米国では四半世紀の間、新たな空港建設は実施されていない。今回の改装計画が完了すると、ラガーディア空港がこの四半世紀で初の新空港となる。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1083

大人がたしなむゲーム

室内で過ごす時間が多いであろう、ストレスフルなこの冬は、非日常に没頭できるデジタルゲームを楽しもう。今号は普段ゲームをしない人でもトライしやすい、お手軽な作品を紹介。

Vol. 1082

ニューヨークで故郷の味

一時帰国できなくても、ニューヨークにはおいしい日本食がある! 今号では、沖縄・北海道・福岡・大阪の郷土料理を提供するレストランを紹介。

Vol. 1081

コロナウイルスニューヨーク・2020年秋冬版

まだまだ忍耐の日々は続きそうだ。現在進行形で感染者数が激増しているが、検査の実態は? 日本へ帰国するとどうなる? ジャピオンと情報を整理しよう。

Vol. 1080

進むキャッシュレス化

新型コロナウイルスの影響で、ますますキャッシュレス化が加速している。コロナ禍での変化や便利なツールなどを、専門家たちに聞いてみた。