空港に新ターミナル 80億ドル投じて近代化 <クイーンズ>

ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ知事は10日、13日から一般公開される、ラガーディア空港の新ターミナルBを見学した。10日付FOX5ニューヨークが伝えた。

老朽化した空港を、21世紀に対応する施設へと変貌させる新空港計画は、ターミナルBの改装から始まった。工事のために、およそ80億ドルが費やされた。

新ターミナルは4階建て、約7万9000平方メートルの広さに、ニューヨークを象徴するレストランも備えるという。

港湾局のリック・コットン理事は、「利用客は素晴らしいアートに出迎えられ、チェックインには最新の技術を使用している。古いラガーディア空港とは一線を画している」と話す。

同局によると、旧ターミナルBの建物は、およそ6カ月で更地になる予定だという。

米国では四半世紀の間、新たな空港建設は実施されていない。今回の改装計画が完了すると、ラガーディア空港がこの四半世紀で初の新空港となる。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1152

ニューヨークで学ぶ! 楽しむ! 子供の習い事 最新情報

新しい生活がスタートする5月。この時期に子供に習い事をさせたいと考える親も多い。子供向けの習い事教室の傾向や日米の違い、選ぶときの注意点やポイントなどについて、教育コンサルタントの船津徹さんに話を聞いた。

Vol. 1151

日本の手仕事

来る14日に開催されるジャパンパレードにちなみ、今号は日本の手仕事を特集する。日本の工芸やデザインをニューヨークに紹介してきた第一人者や、当地で活動する工芸作家、日本の無名作家を発掘する若きギャラリーオーナーに話を聞いた。

Vol. 1150

ニューヨーク、フードトラック最前線!

屋外でランチを楽しめる季節になってきた    ニューヨーク。テイクアウト需要が高まり、ますます進化を遂げているのがフードトラックだ。今号ではパンデミックの影響や近年のトレンドについて解説し、ニューヨークで楽しめるおすすめ のフードトラックを紹介する。

Vol. 1149

ニューヨークで犬猫と過ごす快適ライフ

マンハッタンを歩けば道やカフェ、ショップなどでもたくさんの犬を見掛けるほど、ニューヨークはドッグフレンドリーな街。最近ではさまざまなサービスやグッズ、ペットフードも充実し、家族の一員として迎えやすくなっている。最近のペット市場を覗いてみよう。