空港に新ターミナル 80億ドル投じて近代化 <クイーンズ>

ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ知事は10日、13日から一般公開される、ラガーディア空港の新ターミナルBを見学した。10日付FOX5ニューヨークが伝えた。

老朽化した空港を、21世紀に対応する施設へと変貌させる新空港計画は、ターミナルBの改装から始まった。工事のために、およそ80億ドルが費やされた。

新ターミナルは4階建て、約7万9000平方メートルの広さに、ニューヨークを象徴するレストランも備えるという。

港湾局のリック・コットン理事は、「利用客は素晴らしいアートに出迎えられ、チェックインには最新の技術を使用している。古いラガーディア空港とは一線を画している」と話す。

同局によると、旧ターミナルBの建物は、およそ6カ月で更地になる予定だという。

米国では四半世紀の間、新たな空港建設は実施されていない。今回の改装計画が完了すると、ラガーディア空港がこの四半世紀で初の新空港となる。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。

Vol. 1240

今年のセントパトリックデーはイル文化を探索しよう

3月17日(土)のセントパトリックデー(Saint Patrick’s Day。以下:聖パトリックデー)が近づくとニューヨークの街中が緑色の装飾で活気づく。一足先に春の芽吹きを感じさせるこの記念日は、アイルランドの血を引く人にとっては「盆暮れ」と同じくらい大事。大人も子供も大はしゃぎでパレード見物やアイリッシュパブに出かける。聖パトリックデーとアイルランド魂の真髄を紹介する。