サマーキャンプを許可 保健局がガイドライン設置 <ニュージャージー>

ニュージャージー州のフィル・マーフィー知事は、7月6日からのサマーキャンプ開設を許可する行政命令に署名した。9日付NBCニューヨークが伝えた。

行政命令の中では児童のスポーツプログラムも許可しているが、参加者が感染したり拡散するのを回避するため、健康安全基準が設けられた。

サマーキャンプはCOVID運営・実施計画を作成し、同州の保健局が承認すれば6日にオープンすることが許可される。

計画には職員と参加者の健康と安全を守るため、布製のフェースカバーの着用や健康診断の実施が義務付けられている。また、屋内外で実施されるキャンプは可能な限り、同じ参加者や職員での実施を推奨。

保健局のガイドラインでは、参加者グループ同士の交わりも制限を推奨している。さらに、接触を伴うスポーツ、グループ間の大会も禁止されている。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1073

パンデミック明けのヘルスチェック

個々の努力が実り、パンデミックも鎮静化して来たニューヨーク。「まだまだ予断は許さない!」と警戒する人も多いが、そろそろコロナ以外の健康にも目を向けよう。ニューヨーク近辺にオフィスを構える医師5人に、「今、どんな健康被害が心配か」を聞いた。

Vol. 1072

今こそ、サステナブルな行動を!

今年1月、国連でSDGs(持続可能な開発目標)を達成するための「行動の10年」がスタート。温暖化の加速で地球が警鐘を鳴らし、自然環境を保持するサステナブル(持続可能)な暮らしが求められている。今こそ、できることから行動を起こそう!

Vol. 1071

新学期が始まる

新型コロナウイルスを意識しながらの登校再開か、遠隔授業か…今年は特に、子育てで悩む保護者も多いだろう。この秋学期を有意義にするには、どうすればいい? さまざまな立場の「教育者」に話を聞いた。

Vol.1070

ちまたで噂のCBDを有効活用

「CBD(シービーディー)」をご存知だろうか? 有効活用することでリラックス効果や安眠効果も得られるという、ナチュラル由来の成分。おうち時間も多い今、CBDを理解したうえでトライしてみては?