飲食店で故意に咳 マスク不使用の女性 <クイーンズ>

クイーンズ区アストリアのベーグル店で6日、客に故意に咳をされた女性がテレビ出演をして、その経験を語った。15日付ABC7ニューヨークが伝えた。

30アベニューとブロードウェーに位置する「ニューヨーク・シティー・ベーグル&コーヒーハウス」で、アリソン・グッドバウムさんが買い物をしていたところ、客の一人がマスクを着用せずにアリソンさんへ近づき、顔に向けて咳をした。アリソンさんが従業員に苦情を述べると、咳をした女性が「私は抗体があるからマスクをする必要がない」と言って、アリソンさんに向けて咳をした。

別の男性客がこの様子を撮影した動画が、SNSで拡散された。

故意に咳をした女性は、昨年末までマンハッタン区のワイル・コーネル医療センターに勤務。同センターは、女性の行為を非難した声明を発表した。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1081

コロナウイルスニューヨーク・2020年秋冬版

まだまだ忍耐の日々は続きそうだ。現在進行形で感染者数が激増しているが、検査の実態は? 日本へ帰国するとどうなる? ジャピオンと情報を整理しよう。

Vol. 1080

進むキャッシュレス化

新型コロナウイルスの影響で、ますますキャッシュレス化が加速している。コロナ禍での変化や便利なツールなどを、専門家たちに聞いてみた。

Vol. 1079

食欲の秋

ステーキが食べたい

おいしいものをたらふく食べたい季節ということで、今号ではステーキを大特集! サンクスギビング、クリスマスシーズンを前に、お家でおいしくステーキを焼くテクニックや、おいしいステーキが味わえるスポットを知っておくべし!

Vol. 1078

リアルで! バーチャルで!

ハロウィーン体験

大規模なパーティーやパレードが難しくとも、10月だけのホラーな雰囲気は楽しめるはず! 今号は、ニューヨーカーが仕掛けるハロウィンの試みの数々をご紹介