飲食店で故意に咳 マスク不使用の女性 <クイーンズ>

クイーンズ区アストリアのベーグル店で6日、客に故意に咳をされた女性がテレビ出演をして、その経験を語った。15日付ABC7ニューヨークが伝えた。

30アベニューとブロードウェーに位置する「ニューヨーク・シティー・ベーグル&コーヒーハウス」で、アリソン・グッドバウムさんが買い物をしていたところ、客の一人がマスクを着用せずにアリソンさんへ近づき、顔に向けて咳をした。アリソンさんが従業員に苦情を述べると、咳をした女性が「私は抗体があるからマスクをする必要がない」と言って、アリソンさんに向けて咳をした。

別の男性客がこの様子を撮影した動画が、SNSで拡散された。

故意に咳をした女性は、昨年末までマンハッタン区のワイル・コーネル医療センターに勤務。同センターは、女性の行為を非難した声明を発表した。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1073

パンデミック明けのヘルスチェック

個々の努力が実り、パンデミックも鎮静化して来たニューヨーク。「まだまだ予断は許さない!」と警戒する人も多いが、そろそろコロナ以外の健康にも目を向けよう。ニューヨーク近辺にオフィスを構える医師5人に、「今、どんな健康被害が心配か」を聞いた。

Vol. 1072

今こそ、サステナブルな行動を!

今年1月、国連でSDGs(持続可能な開発目標)を達成するための「行動の10年」がスタート。温暖化の加速で地球が警鐘を鳴らし、自然環境を保持するサステナブル(持続可能)な暮らしが求められている。今こそ、できることから行動を起こそう!

Vol. 1071

新学期が始まる

新型コロナウイルスを意識しながらの登校再開か、遠隔授業か…今年は特に、子育てで悩む保護者も多いだろう。この秋学期を有意義にするには、どうすればいい? さまざまな立場の「教育者」に話を聞いた。

Vol.1070

ちまたで噂のCBDを有効活用

「CBD(シービーディー)」をご存知だろうか? 有効活用することでリラックス効果や安眠効果も得られるという、ナチュラル由来の成分。おうち時間も多い今、CBDを理解したうえでトライしてみては?