路上に「BLM」描く 新たな市計画も発表 <ブルックリン>

ブルックリン区ベッドフォード=スタイベサントの路上に14日、「ブラック・ライブズ・マター(黒人の命は大切だ)」と黄色で大きく描かれたパブリックアートが出現した。路上に描かれたものではニューヨーク市初となる。4日付NBCニューヨークが伝えた。

同地区にある、ビリー・ホリデイ劇場のインディラ・エトワルー芸術監督がまとめ役となり、芸術家や地元ボランティア数十人がフルトンストリートに集まって、13日から14日の週末に制作を行った。

この制作では、「ブラック・ライブズ・マター」の文字に加え、米国内で人種差別的な殺人の被害者となった人々の名前が、多数描かれた。

彼らに敬意を表して、地元市会議員は、フルトン・ストリートの数ブロックを歩行者天国にするよう、政府に働きかけている。

9日には、市庁舎付近をはじめとする市内5区全区の路上に、「ブラック・ライブズ・マター」の文字を描く市の計画を、ビル・デブラシオ市長が発表している。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1125

出張者にも! 一時帰国者にも!  NYのお土産・手土産は何がおすすめ?

コロナ禍でも一時帰国をする在米日本人は多く、また10月1日からワクチン接種証明書による日本帰国後の隔離期間が短縮されたこともあり、出張者も徐々に戻って来る見込みだ。そんな帰国の際、知っておくと便利なニューヨークならではのお土産、手土産についてチェックしよう!

Vol. 1124

ロシア人街でフクースナ(おいし〜い)!

ブルックリン区最南端のブライトンビーチは、ロシアと黒海沿岸地域からの移民が多く暮らすエリア。地下鉄高架下や周辺には、郷土史色豊かな食べ物を売る店やレストランが軒を並べている。

Vol. 1123

ニューノーマルのバーバー事情

いよいよ経済の復興期に突入したニューヨーク。対面ビジネスも次々に再開され、男性の身だしなみが気になり始めた。新しいノーマルに向けて活況を呈する理容の世界をのぞいてみよう。

Vol. 1122

コロナに負けず NYファッションシーンが再開!

まだまだデジタルでの新作発表を行うブランドが多いものの、パンデミック以降、初めてゲストを招いてのニューヨーク・ファッション・ウィークが再開した。今回のショーの動向、ニューヨークのファッションシーンを盛り上げるべく奮闘する、日本人デザイナーやモデルにもフォーカスする。