路上に「BLM」描く 新たな市計画も発表 <ブルックリン>

ブルックリン区ベッドフォード=スタイベサントの路上に14日、「ブラック・ライブズ・マター(黒人の命は大切だ)」と黄色で大きく描かれたパブリックアートが出現した。路上に描かれたものではニューヨーク市初となる。4日付NBCニューヨークが伝えた。

同地区にある、ビリー・ホリデイ劇場のインディラ・エトワルー芸術監督がまとめ役となり、芸術家や地元ボランティア数十人がフルトンストリートに集まって、13日から14日の週末に制作を行った。

この制作では、「ブラック・ライブズ・マター」の文字に加え、米国内で人種差別的な殺人の被害者となった人々の名前が、多数描かれた。

彼らに敬意を表して、地元市会議員は、フルトン・ストリートの数ブロックを歩行者天国にするよう、政府に働きかけている。

9日には、市庁舎付近をはじめとする市内5区全区の路上に、「ブラック・ライブズ・マター」の文字を描く市の計画を、ビル・デブラシオ市長が発表している。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1100

今こそ学ぶ 日本人と米国の歴史

世界中から移民が集まる米国は日本と異なり、まだまだ歴史が浅い若い国だ。日本の先駆者たちが海をわたり、文化や社会の違いを学び、日本の発展に貢献した。しかし私たちは、その歴史をほとんど知らないまま米国に住んでいる。今号では、そういった歴史の一部を紹介していく。

Vol. 1099

元祖ソウルフード ピザ魅力

「アメリカらしさ」「ニューヨークらしさ」が揺らいでも、ピザのうまさは揺らがない。ピザ激戦区・ニューヨークでも「名店」とうたわれる店を食べ比べて、その奥深さに思いをはせてみよう 。

Vol. 1098

春ファッションが楽しくなる かわいい小物にくびったけ!

いよいよ春が到来! 不安の尽きない日々だけど、お気に入りファッションに身を包めば自然と気分もアップするはず。トレンドの小物を取り入れて、今ならではの春ファッションをエンジョイしよう!

Vol. 1097

まだまだ不安の多い時代だからこそ

今すぐ実践 ストレス解消法を一挙紹介!

春の気配とワクチンの普及を感じながらも、まだまだ続く寒さとコロナによって、閉塞感や不安を抱えている人が増えている。身近に手軽にできるものから、ちょっと足を伸ばして行えるストレス解消法までを一挙ご紹介。ストレスを手放し、心身共に健康な状態で春を迎えよう!