逮捕時に少年へ暴行か 家族がNYPDに抗議 <ブロンクス>

ブロンクス区で抗議デモに参加した16歳の少年にNYPDがテーザー銃を使用し、警棒で殴打したとして、少年の家族が抗議した。10日付NBCニューヨークが伝えた。

1日夜、デモから派生した略奪行為の起こったフォーダムロード沿いを歩いていたジャメール・リーチさん(16)は、略奪および放火の嫌疑を受け、NYPDに拘束された。リーチさんは警官らが逮捕時に使用した警棒やテーザー銃で顏などを負傷し、聖バルナバ病院に運ばれた。

警察によると、略奪を受けたTモバイルの店舗にリーチさんが出入りし、店の近くの通りでゴミに火をつけようと試みる姿を捉えたビデオが残されているという。しかし、逮捕時にリーチさんは盗品を所持していなかった。

一方、家族によるとリーチさんは抗議行動を見ていただけで、略奪行為などには参加していなかったという。また未成年を警棒で殴り、テーザー銃を使用したことを問題視している。

ビル・デブラシオ市長は事件を重視し、「真実を確認するため、調査を行う」と述べた。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1114

楽しい夏こそ紫外線対策!

太陽が燦々と照りつける毎日、外で楽しく遊べる季節だからこそ、きちんとした知識を持って、紫外線対策をしたいところ。紫外線に当たることで起こるさまざまな弊害も今号できちんと把握しておこう!

Vol. 1113

ちょっとそこまで  魅惑のシティーアイランド

ブロンクスにあるシティーアイランドは、シーフードやマリンスポーツをはじめ、のんびり散歩も楽しめるという魅力的な海辺の街。知る人ぞ知るリゾート地なだけに、訪れたことがないという人も多いかもしれない。そんなシティーアイランドの見所をたっぷりご紹介!

Vol. 1112

この夏は野球アツい!

野球大国であるアメリカ。シーズン真っ最中のMLBの観戦はもちろん、ここニューヨークでは日本人チームによる草野球も盛り上がっているようだ。そんな幅広い野球の魅力を今こそ語り合おう!

Vol. 1111

いよいよ経済再開! ニューヨーク復活へ

6月24日、ついにニューヨーク州の非常事態宣言が解除された。新型コロナウイルスのあらゆる制限が解除となり、約1年3カ月ぶりに本格的に経済再開を果たしたニューヨーク。街は復活に向け着々と進んでいる。