救急隊員らが市を提訴 インタビューで罰を受ける <マンハッタン>

FDNY救急隊員4人が11日、新型コロナウイルス感染症治療の最前線勤務へのインタビューに応じたために処罰されたとして、減給に対する損害賠償などを求め、ニューヨーク市を提訴した。12日付NBCニューヨークが伝えた。

4月にAP通信の取材に応じた原告の1人は、インタビュー後、患者の治療や超過勤務、制服の着用を禁じられ、他の原告2人も業務内容を制限されたと主張している。4月の非番の日にテレビ局のインタビューに応じた医療技術者は、1カ月の無給停職処分を受けたと主張している。

原告4人全員が、これらの処罰は警告なしに行われ、弁解する機会も与えられず、言論の自由を侵害するものだと主張。将来メディアに向けて発言した職員の処罰を防ぐ措置を求めている。

市は、これらの処罰を行ったことを認め、「言論の自由と患者のプライバシー保護の間の慎重なバランスが必要だ」と述べた。

原告が所属する労働組合は、患者の個人情報開示やFDNYに不利益な発言は、一切ないと述べた。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1074

風を感じる

新型コロナウイルスの影響により、普段あまり気にしていなかった「換気」に注目が集まっている今、やはり「風」が生活のポイントといえるだろう! そこで、今号では身近な場所で「風をどこまで感じられるか」をテーマに、NYCや近郊で体験できる場所を紹介していく。

Vol. 1073

パンデミック明けのヘルスチェック

個々の努力が実り、パンデミックも鎮静化して来たニューヨーク。「まだまだ予断は許さない!」と警戒する人も多いが、そろそろコロナ以外の健康にも目を向けよう。ニューヨーク近辺にオフィスを構える医師5人に、「今、どんな健康被害が心配か」を聞いた。

Vol. 1072

今こそ、サステナブルな行動を!

今年1月、国連でSDGs(持続可能な開発目標)を達成するための「行動の10年」がスタート。温暖化の加速で地球が警鐘を鳴らし、自然環境を保持するサステナブル(持続可能)な暮らしが求められている。今こそ、できることから行動を起こそう!

Vol. 1071

新学期が始まる

新型コロナウイルスを意識しながらの登校再開か、遠隔授業か…今年は特に、子育てで悩む保護者も多いだろう。この秋学期を有意義にするには、どうすればいい? さまざまな立場の「教育者」に話を聞いた。