病院に爆発物を持参 犯人の男を非番警官が拘束 <ロングアイランド>

ロングアイランドの病院に爆発装置を持ち込んだとされる男が、武器不法所持、裁判所侮辱、規制物質不法所持などの罪で起訴された。同日付ABC7ニューヨークが伝えた。

9日夜、非番のNYPD警官サルバトーレ・ビリグマイヤーさんは、サフォーク郡ストーニー・ブルック大学病院で、軍用ベストを着たロバート・ローデン被告(33)が大型バックパックを持っているのを発見し、大学警察に通報した。

被告は身柄を拘束され、同郡緊急サービス爆弾処理班と警察犬が出動バックパックから3個の爆発装置を発見した。

当局が捜査を行う間、同病院にいた人々は避難したが、負傷者は出なかったという。NYPDはツイッターで、「ビリグマイヤーさんの発見により、大惨事を免れた」と称賛した。

当局は10日、同郡マスティックビーチにあるローデン被告の自宅から、さらに5個の爆発装置を発見した。同郡警察はFBIと協力して、現在も捜査を行っている。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1114

楽しい夏こそ紫外線対策!

太陽が燦々と照りつける毎日、外で楽しく遊べる季節だからこそ、きちんとした知識を持って、紫外線対策をしたいところ。紫外線に当たることで起こるさまざまな弊害も今号できちんと把握しておこう!

Vol. 1113

ちょっとそこまで  魅惑のシティーアイランド

ブロンクスにあるシティーアイランドは、シーフードやマリンスポーツをはじめ、のんびり散歩も楽しめるという魅力的な海辺の街。知る人ぞ知るリゾート地なだけに、訪れたことがないという人も多いかもしれない。そんなシティーアイランドの見所をたっぷりご紹介!

Vol. 1112

この夏は野球アツい!

野球大国であるアメリカ。シーズン真っ最中のMLBの観戦はもちろん、ここニューヨークでは日本人チームによる草野球も盛り上がっているようだ。そんな幅広い野球の魅力を今こそ語り合おう!

Vol. 1111

いよいよ経済再開! ニューヨーク復活へ

6月24日、ついにニューヨーク州の非常事態宣言が解除された。新型コロナウイルスのあらゆる制限が解除となり、約1年3カ月ぶりに本格的に経済再開を果たしたニューヨーク。街は復活に向け着々と進んでいる。