病院に爆発物を持参 犯人の男を非番警官が拘束 <ロングアイランド>

ロングアイランドの病院に爆発装置を持ち込んだとされる男が、武器不法所持、裁判所侮辱、規制物質不法所持などの罪で起訴された。同日付ABC7ニューヨークが伝えた。

9日夜、非番のNYPD警官サルバトーレ・ビリグマイヤーさんは、サフォーク郡ストーニー・ブルック大学病院で、軍用ベストを着たロバート・ローデン被告(33)が大型バックパックを持っているのを発見し、大学警察に通報した。

被告は身柄を拘束され、同郡緊急サービス爆弾処理班と警察犬が出動バックパックから3個の爆発装置を発見した。

当局が捜査を行う間、同病院にいた人々は避難したが、負傷者は出なかったという。NYPDはツイッターで、「ビリグマイヤーさんの発見により、大惨事を免れた」と称賛した。

当局は10日、同郡マスティックビーチにあるローデン被告の自宅から、さらに5個の爆発装置を発見した。同郡警察はFBIと協力して、現在も捜査を行っている。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1125

出張者にも! 一時帰国者にも!  NYのお土産・手土産は何がおすすめ?

コロナ禍でも一時帰国をする在米日本人は多く、また10月1日からワクチン接種証明書による日本帰国後の隔離期間が短縮されたこともあり、出張者も徐々に戻って来る見込みだ。そんな帰国の際、知っておくと便利なニューヨークならではのお土産、手土産についてチェックしよう!

Vol. 1124

ロシア人街でフクースナ(おいし〜い)!

ブルックリン区最南端のブライトンビーチは、ロシアと黒海沿岸地域からの移民が多く暮らすエリア。地下鉄高架下や周辺には、郷土史色豊かな食べ物を売る店やレストランが軒を並べている。

Vol. 1123

ニューノーマルのバーバー事情

いよいよ経済の復興期に突入したニューヨーク。対面ビジネスも次々に再開され、男性の身だしなみが気になり始めた。新しいノーマルに向けて活況を呈する理容の世界をのぞいてみよう。

Vol. 1122

コロナに負けず NYファッションシーンが再開!

まだまだデジタルでの新作発表を行うブランドが多いものの、パンデミック以降、初めてゲストを招いてのニューヨーク・ファッション・ウィークが再開した。今回のショーの動向、ニューヨークのファッションシーンを盛り上げるべく奮闘する、日本人デザイナーやモデルにもフォーカスする。