州知事、市民に不満を語る 経済再開で2万5000件苦情 <オールバニ>

ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ知事は15日、経済活動再開ガイドラインの違反が「横行」していることに不満を表明し、地方自治体が住民にガイドラインを順守させることができない場合は、再開日程を遅らせると警告した。同日付NBCニューヨークが伝えた。

再開ガイドライン違反についての苦情は、15日現在、州全体で2万5000件寄せられており、その大半はマンハッタン区とロングアイランドのハンプトンズだという。13日と14日の週末は天候に恵まれたこともあり、マスクを着用しない人々が、社会的距離を保持せずに歩道にたむろする様子を撮影した画像が、ソーシャルメディアにあふれた。ニューヨーク市内はまだ再開第1段階で、飲食店はデリバリーとテークアウトのみ営業が許可されているが、マンハッタン区やブルックリン区のレストランでは、屋外のテーブルで飲食する人々の姿も見られた。

知事は、「歩道での飲酒は法律違反であり、地元警察が取り締まりを行うべきだ」と述べ、ガイドラインに従わないバーや飲食店は、酒類販売許可の取り消しもあり得ると警告した。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1089

風水&手相2021年の運気アップ!

暗くつらい日々が続くなら、自分なりに運命を知り、切り開くのも大切な考えだ。風水と手相の先生に、新しい自分に出会うためティップを教えてもらおう! 

Vol. 1088

新型コロナ時代のサバイバルエクササイズ

2021年を迎えても新型コロナウイルスの猛威はなかなか鎮まらない。寒さも合間って自宅での巣ごもりが続くが、ここで運動不足になって抵抗力が落ちてしまうと本末転倒。そこで、今回は自宅でできるエクササイズと、その補助ツールやティップを紹介する。

Vol. 1086

まだまだ激動のコロナ渦教育

ニューヨーク市内の再度のシャットダウンも、いよいよ現実味を帯びてきた。リモート勤務に慣れてきた大人がいる一方、子供、そして親は、対応が二転三転する学校教育に戸惑いを覚えっぱなしだ。今、何が起こっている?