略奪、破壊から再建 地元民が協力して清掃<ブロンクス>

ブロンクス区で3日、警察の暴力に反対するデモに便乗した略奪と破壊行為で、小規模店舗らが被害を受けた。騒動後、現場には地元ボランティアらが駆け付けた。同日付PIX11が伝えた。

西バーンサイドアベニューで薬局を営むネリス・ヒメネスさんは、略奪者が2日午前3時ごろに店内を荒らしている監視ビデオを公開し、「一瞬で人生を破壊された」と涙を見せた。4軒先のブロンクス・オプティカル・センターを経営するジェシカ・ベタンコートさんも、3台の監視カメラで撮影した、略奪者が店を占拠する様子を公開した。

ビル・デブラシオ市長は3日、これらの中小企業の立て直しを支援すると約束。4日には、記者会見で50万ドルの助成金を割り当てると発表した。

リッチー・トーレス市議会議員によると、フォーダムロードでは37軒の小規模店が被害に遭い、ボランティアグループ「フェド・キャップ」が提供する、無料の清掃サービスを受けている。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1073

パンデミック明けのヘルスチェック

個々の努力が実り、パンデミックも鎮静化して来たニューヨーク。「まだまだ予断は許さない!」と警戒する人も多いが、そろそろコロナ以外の健康にも目を向けよう。ニューヨーク近辺にオフィスを構える医師5人に、「今、どんな健康被害が心配か」を聞いた。

Vol. 1072

今こそ、サステナブルな行動を!

今年1月、国連でSDGs(持続可能な開発目標)を達成するための「行動の10年」がスタート。温暖化の加速で地球が警鐘を鳴らし、自然環境を保持するサステナブル(持続可能)な暮らしが求められている。今こそ、できることから行動を起こそう!

Vol. 1071

新学期が始まる

新型コロナウイルスを意識しながらの登校再開か、遠隔授業か…今年は特に、子育てで悩む保護者も多いだろう。この秋学期を有意義にするには、どうすればいい? さまざまな立場の「教育者」に話を聞いた。

Vol.1070

ちまたで噂のCBDを有効活用

「CBD(シービーディー)」をご存知だろうか? 有効活用することでリラックス効果や安眠効果も得られるという、ナチュラル由来の成分。おうち時間も多い今、CBDを理解したうえでトライしてみては?