白人の高齢抗議者が負傷 知事が警官の解雇を要求<アップステート>

ニューヨーク州バッファローで4日夜、白人警官による黒人男性暴行死の抗議デモに参加していた75歳の白人男性が、警官2人に突き飛ばされて負傷する事件が起きた。警官2人は、無給の停職処分となった。5日付NBCニューヨークが伝えた。

事件は、夜間外出禁止令の時間が始まって間もなく起きた。地元メディアが撮影した動画には、マーティン・グギノさんがデモを警戒中の警官隊に近付いたところ、警官2人に突き飛ばされて後ろ向きに倒れ、耳から血が流れた様子が映っている。グギノさんは重傷を負って入院しているが、容体は安定している。

グギノさんの弁護士は、「彼は長年にわたり平和的な抗議者で、人権擁護者であり、長年にわたって米国憲法を支持してきた」と声明を述べた。

アンドリュー・クオモ州知事は、この警官2人の解雇を求め、刑事起訴の可能性を調査するよう地区検事長に促した。一方、同区の緊急対応チームの警官57人は5日、警官2人の停職処分に抗議。全員が同チームを脱退している。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1094

音は続くよ、どこまでも

音を楽しむと書いて「音楽」と読むがまさに今、長く続くコロナ禍で音楽が心の支えとなっている人も、多いのではないだろうか。  今号では、コロナに負けず活動を続けるミュージシャンたちを一部だが紹介していく。オンラインはもちろん、直接鑑賞できる機会も紹介。聞いて感じて、あなただけの癒やしの音を手に入れよう!

Vol. 1093

暮らしのトラブルに強くなる!

水道詰まり、ネズミ被害、家賃交渉——他の人が経験しているあれこれ、自分に降りかかった時のことは考えてる? 今号は、住居にまつわる意外と忘れがちな自衛対策を紹介。

Vol. 1092

寒い冬だからこそあったかスープで芯まで温まりたい!

寒さの厳しいニューヨークの冬には温かいスープを! 外食規制のある現在、家で作れるスープレシピをマスターするも良し。オススメのスープのテークアウトもよし。寒い冬を乗り切ろう!

Vol. 1091

創作の世界「縫う、編む、織る人々」

刺しゅう、手芸、編み物、キルト、洋裁、和裁……。布と糸を使った創作は幅広いが、今号は、オーダーメードで制作するアーティストや教室で教える講師の「縫う、編む、織る」作品にフォーカス。オリジナル作品をオーダーしたり、自宅で実際に作ってみたりしながら、創作の世界を感じてみよう。