7歳少女も抗議へ SNSで一躍有名<ロングアイランド>

7歳の少女が母親と共に「ブラック・ライブズ・マター」の抗議活動参加した動画がソーシャルメディアで話題を呼んだ。5日付NBCニューヨークが伝えた。

ウィンタ=アモール・ロジャーズちゃん(7)の動画はロングアイランドヘラルドの記者が撮影したもので、母親によると、少女自身がデモ行進に参加したいと望んだという。

ユニオンデールに住むウィンタちゃんの家族は3日夜、「ポリス・ライブズ・マター」と叫ぶデモ反対派が平和的行進を妨げようとしたことで注目された、メリックでのデモ行進に参加。

翌4日、両親と共にニューヨーク市の抗議運動にも続けて参加したウィンタちゃんは、マーティン・ルーサー・キング牧師が行ったような、迅速な変化を望んでいるという。「すべての人に敬意を払い、感謝し、決して人を失望させないようにしたい。誰かに悪いといわれたとしても、そのせいで自分が悪いと思わないでほしい」と話した。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。

Vol. 1240

今年のセントパトリックデーはイル文化を探索しよう

3月17日(土)のセントパトリックデー(Saint Patrick’s Day。以下:聖パトリックデー)が近づくとニューヨークの街中が緑色の装飾で活気づく。一足先に春の芽吹きを感じさせるこの記念日は、アイルランドの血を引く人にとっては「盆暮れ」と同じくらい大事。大人も子供も大はしゃぎでパレード見物やアイリッシュパブに出かける。聖パトリックデーとアイルランド魂の真髄を紹介する。