教会の壁にスローガン 容疑者1人を逮捕<マンハッタン>

NYPDは、先月30日にマンハッタン区ミッドタウンのセントパトリック大聖堂で行われた破壊行為に関連して、容疑者2人のうち1人を逮捕したと発表した。7日付FOX5ニューヨークが伝えた。

クイーンズ区在住のヤディル・アビラ・ローザス容疑者(26)は、器物損壊と落書き行為で逮捕された。

NYPDによると、ローザス容疑者ともう1人の容疑者は先月30日の午後5時すぎ、同大聖堂の外壁に、黒のスプレー塗料で、黒人に対する警官の暴力に抗議するスローガンを書いたとされる。

「BLM(黒人の命は大切)」「NYPDK(NYPDは殺人集団)」「NO JUSTICE NO PIECE(正義がなければ平和もない)」などのスローガンが、東51ストリートと5アベニューに位置する大聖堂の外壁に書かれた。

NYPDは、もう1人の容疑者を現在、捜索中。情報提供を市民に呼び掛けており、NYPDの犯罪防止ホットラインやツイッターを通しての協力を求めている。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1089

風水&手相2021年の運気アップ!

暗くつらい日々が続くなら、自分なりに運命を知り、切り開くのも大切な考えだ。風水と手相の先生に、新しい自分に出会うためティップを教えてもらおう! 

Vol. 1088

新型コロナ時代のサバイバルエクササイズ

2021年を迎えても新型コロナウイルスの猛威はなかなか鎮まらない。寒さも合間って自宅での巣ごもりが続くが、ここで運動不足になって抵抗力が落ちてしまうと本末転倒。そこで、今回は自宅でできるエクササイズと、その補助ツールやティップを紹介する。

Vol. 1086

まだまだ激動のコロナ渦教育

ニューヨーク市内の再度のシャットダウンも、いよいよ現実味を帯びてきた。リモート勤務に慣れてきた大人がいる一方、子供、そして親は、対応が二転三転する学校教育に戸惑いを覚えっぱなしだ。今、何が起こっている?