教会の壁にスローガン 容疑者1人を逮捕<マンハッタン>

NYPDは、先月30日にマンハッタン区ミッドタウンのセントパトリック大聖堂で行われた破壊行為に関連して、容疑者2人のうち1人を逮捕したと発表した。7日付FOX5ニューヨークが伝えた。

クイーンズ区在住のヤディル・アビラ・ローザス容疑者(26)は、器物損壊と落書き行為で逮捕された。

NYPDによると、ローザス容疑者ともう1人の容疑者は先月30日の午後5時すぎ、同大聖堂の外壁に、黒のスプレー塗料で、黒人に対する警官の暴力に抗議するスローガンを書いたとされる。

「BLM(黒人の命は大切)」「NYPDK(NYPDは殺人集団)」「NO JUSTICE NO PIECE(正義がなければ平和もない)」などのスローガンが、東51ストリートと5アベニューに位置する大聖堂の外壁に書かれた。

NYPDは、もう1人の容疑者を現在、捜索中。情報提供を市民に呼び掛けており、NYPDの犯罪防止ホットラインやツイッターを通しての協力を求めている。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。