新生児奇跡の帰宅 昏睡状態の母親から誕生<ロングアイランド>

ナッソー郡ミネオラで先月27日、新型コロナウイルスに感染して昏睡(こんすい)状態の母親から生まれた子供が退院した。同日付ABC7が伝えた。

妊娠29週目だった母親のアドリアナ・トーレスさん(41)は、4月上旬に昏睡状態に陥り、NYUウィンスロップ病院の集中治療室へ。医師らは母親の状態が安定した8日、帝王切開でリアちゃんを取り上げた。同病院は9日、同感染の患者が663人に達し、ニューヨーク州の「ホットスポット」となったが、幸いトーレスさんは出産2日後の10日に意識が戻り回復した。

体重2ポンド15オンス(およそ1330グラム)だったリアちゃんは、新生児集中治療室(NICU)で7週間過ごし、およそ倍の体重になった先月27日、両親に抱かれて無事退院した。

同病院新生児医学長のナジー・ハンナ医師は、「この7週間は病院やNICUとっても簡単なものではありませんでした。家族がくぐり抜けた戦いは、この国の多くが経験したものを要約します」と、リアちゃんの退院を祝福した。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1202

メトロノース鉄道に乗って行く 週末プチお出かけ〜コールドスプリング編〜

メモリアルデーとともに本格的な行楽シーズンが到来。日帰りディストネーションとしてニューヨーカーに人気のパトナム郡コールドスプリングを訪ねてみた。

Vol. 1201

注目の起業家たちにインタビュー〈続編〉 ニューヨークで奮闘する革新者たち

既存のビジネスの枠に収まらない彼らが新たに切り開く道こそが、未来を変える。その情熱とアイディアの根源を聞いた。これから起業したい人必見!

Vol. 1200

今、ニューヨークを駆け抜ける 注目の企業家たち

社会にイノベーションを起こした女性起業家たちにインタビュー。彼女たちの情熱とポジティブなマインド、アイデアをビジネスに変えるまでの方法を聞いた。次号は男性篇をお届け。これから起業したい人はお見逃しなく!

Vol. 1199

肉食解禁! バーべキューの季節

メモリアルデーを皮切りにバーべキューシーズンが始まる。サマータイムのおかげでゆったりと流れるトワイライト時間を有効利用。裏庭であるいは公園の公式バーベキュースポットで極上の肉を夕風に吹かれながら頬ばる…これぞ米国生活の醍醐味だ。