新生児奇跡の帰宅 昏睡状態の母親から誕生<ロングアイランド>

ナッソー郡ミネオラで先月27日、新型コロナウイルスに感染して昏睡(こんすい)状態の母親から生まれた子供が退院した。同日付ABC7が伝えた。

妊娠29週目だった母親のアドリアナ・トーレスさん(41)は、4月上旬に昏睡状態に陥り、NYUウィンスロップ病院の集中治療室へ。医師らは母親の状態が安定した8日、帝王切開でリアちゃんを取り上げた。同病院は9日、同感染の患者が663人に達し、ニューヨーク州の「ホットスポット」となったが、幸いトーレスさんは出産2日後の10日に意識が戻り回復した。

体重2ポンド15オンス(およそ1330グラム)だったリアちゃんは、新生児集中治療室(NICU)で7週間過ごし、およそ倍の体重になった先月27日、両親に抱かれて無事退院した。

同病院新生児医学長のナジー・ハンナ医師は、「この7週間は病院やNICUとっても簡単なものではありませんでした。家族がくぐり抜けた戦いは、この国の多くが経験したものを要約します」と、リアちゃんの退院を祝福した。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1177

帰省特集 今年の冬休みは日本で過ごす!

コロナの規制が大幅に緩和され、帰国・入国がだいぶスムースになったこの冬。久しぶりに日本で年末年始を過ごそうと計画している方も多いでしょう。今回はそんな帰省事情をリサーチ。

Vol. 1176

ホリデーシーズン到来! みんなで楽しむサンクスギビング

サンクスギビングも近づいてきて、いよいよホリデーシーズンだ。ショッピングや冬のアクティビティーも楽しめる、大切な祝日であるサンクスギビング。そのルーツや習慣も知って、アメリカの祝日を楽しもう!

Vol. 1175

いよいよ開幕!ワールドカップ攻略ガイド

今月20日に開幕するワールドカップカタール大会。次の2026年大会ではアメリカ・カナダ・メキシコの3カ国共催が決定し、ここニューヨーク・ニュージャージーで試合が行われることからも注目度が高い。今号を読んでワールドカップ観戦前の予習をしておこう!

 

Vol. 1174

11月8日まで秒読み 中間選挙について知りたい

大統領選挙と並んで米国政治の行方を左右する中間選挙が目前だ。有権者が重視する問題、ニューヨーク州と勝敗の鍵を握る注目州の候補者について解説する。