新生児奇跡の帰宅 昏睡状態の母親から誕生<ロングアイランド>

ナッソー郡ミネオラで先月27日、新型コロナウイルスに感染して昏睡(こんすい)状態の母親から生まれた子供が退院した。同日付ABC7が伝えた。

妊娠29週目だった母親のアドリアナ・トーレスさん(41)は、4月上旬に昏睡状態に陥り、NYUウィンスロップ病院の集中治療室へ。医師らは母親の状態が安定した8日、帝王切開でリアちゃんを取り上げた。同病院は9日、同感染の患者が663人に達し、ニューヨーク州の「ホットスポット」となったが、幸いトーレスさんは出産2日後の10日に意識が戻り回復した。

体重2ポンド15オンス(およそ1330グラム)だったリアちゃんは、新生児集中治療室(NICU)で7週間過ごし、およそ倍の体重になった先月27日、両親に抱かれて無事退院した。

同病院新生児医学長のナジー・ハンナ医師は、「この7週間は病院やNICUとっても簡単なものではありませんでした。家族がくぐり抜けた戦いは、この国の多くが経験したものを要約します」と、リアちゃんの退院を祝福した。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1073

パンデミック明けのヘルスチェック

個々の努力が実り、パンデミックも鎮静化して来たニューヨーク。「まだまだ予断は許さない!」と警戒する人も多いが、そろそろコロナ以外の健康にも目を向けよう。ニューヨーク近辺にオフィスを構える医師5人に、「今、どんな健康被害が心配か」を聞いた。

Vol. 1072

今こそ、サステナブルな行動を!

今年1月、国連でSDGs(持続可能な開発目標)を達成するための「行動の10年」がスタート。温暖化の加速で地球が警鐘を鳴らし、自然環境を保持するサステナブル(持続可能)な暮らしが求められている。今こそ、できることから行動を起こそう!

Vol. 1071

新学期が始まる

新型コロナウイルスを意識しながらの登校再開か、遠隔授業か…今年は特に、子育てで悩む保護者も多いだろう。この秋学期を有意義にするには、どうすればいい? さまざまな立場の「教育者」に話を聞いた。

Vol.1070

ちまたで噂のCBDを有効活用

「CBD(シービーディー)」をご存知だろうか? 有効活用することでリラックス効果や安眠効果も得られるという、ナチュラル由来の成分。おうち時間も多い今、CBDを理解したうえでトライしてみては?