「犬のひも」巡り人種差別 注意した黒人男性を通報 <マンハッタン>

マンハッタン区セントラルパークで先月25日朝、黒人男性から飼い犬にひもを付けるよう求められた白人女性が警察に通報し、人種差別問題に発展した。同28日付NBCニューヨークが伝えた。

同公園内の「ランブル」と呼ばれるエリアでバードウオッチングをしていたクリスチャン・クーパーさんは、犬に付ける決まりとなっているひもを付けずに散歩させていたエイミー・クーパーさんに注意したところ、エイミーさんが無視。クリスチャンさんはその様子を動画で撮影した。動画内でエイミーさんが、「アフリカ系アメリカ人が私の命を脅かしている」と警察へ通報を数回繰り返した。動画はツイッターに投稿され拡散した。

ニューヨーク市のビル・デブラジオ市長はエイミーさんの言動について、「単純明白な人種差別だ」とツイッターで批判。後にエイミーさんは、クリスチャンさんに対し謝罪した。

エイミーさんの勤務先だった投資顧問会社は、先月26日午後、彼女を解雇している。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1152

ニューヨークで学ぶ! 楽しむ! 子供の習い事 最新情報

新しい生活がスタートする5月。この時期に子供に習い事をさせたいと考える親も多い。子供向けの習い事教室の傾向や日米の違い、選ぶときの注意点やポイントなどについて、教育コンサルタントの船津徹さんに話を聞いた。

Vol. 1151

日本の手仕事

来る14日に開催されるジャパンパレードにちなみ、今号は日本の手仕事を特集する。日本の工芸やデザインをニューヨークに紹介してきた第一人者や、当地で活動する工芸作家、日本の無名作家を発掘する若きギャラリーオーナーに話を聞いた。

Vol. 1150

ニューヨーク、フードトラック最前線!

屋外でランチを楽しめる季節になってきた    ニューヨーク。テイクアウト需要が高まり、ますます進化を遂げているのがフードトラックだ。今号ではパンデミックの影響や近年のトレンドについて解説し、ニューヨークで楽しめるおすすめ のフードトラックを紹介する。

Vol. 1149

ニューヨークで犬猫と過ごす快適ライフ

マンハッタンを歩けば道やカフェ、ショップなどでもたくさんの犬を見掛けるほど、ニューヨークはドッグフレンドリーな街。最近ではさまざまなサービスやグッズ、ペットフードも充実し、家族の一員として迎えやすくなっている。最近のペット市場を覗いてみよう。