日焼けサロンが強行営業 ガイドライン無視で再び閉店<スタテンアイランド>

スタテンアイランドのグレートキルズ地区で先月28日、ニューヨーク市の経済活動再開ガイドラインに背いて営業を再開した日焼けサロンが、開店してまもなく閉店した。同日付ABC7ニューヨークが伝えた。

同店の経営者ボビー・カトーネさんは、「警察が召喚状を出し、身柄拘束と営業許可取り消しを警告したため、閉店の指示に従った」と語った。カトーネさんは営業再開に先立ち、「全てのビジネスは必要不可欠」と書かれた幕を同店舗の前面に掲げ、数十人と共に経済活動停止についての抗議活動を行った。

カトーネさんは、「同地区は米疾病予防管理センターが求める経済活動再開の基準をすでに達成しており、再開が許可されるべきだ」と主張。

ニューヨーク市のビル・デブラジオ市長は、「市当局は特定地区での例外は認めない」と述べ、市の経済活動停止・再開のガイドラインに従うよう求めた。

市長は先月28日、「市内での活動再開の第1段階が始まるのは、1〜2週間後になるだろう」と、述べている。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1153

マインドフルに生きよう!

心や体を落ち着かせる効果があるとされるマインドフルネス。慌ただしく不安が尽きない日々の中で、生活に取り入れてみると少しは気持ちが楽になるかもしれない。すでに実践している人も未体験の人も、今号を読んでマインドフルネスについての理解を深めよう!

Vol. 1152

ニューヨークで学ぶ! 楽しむ! 子供の習い事 最新情報

新しい生活がスタートする5月。この時期に子供に習い事をさせたいと考える親も多い。子供向けの習い事教室の傾向や日米の違い、選ぶときの注意点やポイントなどについて、教育コンサルタントの船津徹さんに話を聞いた。

Vol. 1151

日本の手仕事

来る14日に開催されるジャパンパレードにちなみ、今号は日本の手仕事を特集する。日本の工芸やデザインをニューヨークに紹介してきた第一人者や、当地で活動する工芸作家、日本の無名作家を発掘する若きギャラリーオーナーに話を聞いた。

Vol. 1150

ニューヨーク、フードトラック最前線!

屋外でランチを楽しめる季節になってきた    ニューヨーク。テイクアウト需要が高まり、ますます進化を遂げているのがフードトラックだ。今号ではパンデミックの影響や近年のトレンドについて解説し、ニューヨークで楽しめるおすすめ のフードトラックを紹介する。