日焼けサロンが強行営業 ガイドライン無視で再び閉店<スタテンアイランド>

スタテンアイランドのグレートキルズ地区で先月28日、ニューヨーク市の経済活動再開ガイドラインに背いて営業を再開した日焼けサロンが、開店してまもなく閉店した。同日付ABC7ニューヨークが伝えた。

同店の経営者ボビー・カトーネさんは、「警察が召喚状を出し、身柄拘束と営業許可取り消しを警告したため、閉店の指示に従った」と語った。カトーネさんは営業再開に先立ち、「全てのビジネスは必要不可欠」と書かれた幕を同店舗の前面に掲げ、数十人と共に経済活動停止についての抗議活動を行った。

カトーネさんは、「同地区は米疾病予防管理センターが求める経済活動再開の基準をすでに達成しており、再開が許可されるべきだ」と主張。

ニューヨーク市のビル・デブラジオ市長は、「市当局は特定地区での例外は認めない」と述べ、市の経済活動停止・再開のガイドラインに従うよう求めた。

市長は先月28日、「市内での活動再開の第1段階が始まるのは、1〜2週間後になるだろう」と、述べている。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1103

奥深い中国茶の世界

今ひそかにブームとなっている中国茶。お茶の発祥の地、中国で生まれた奥深い中国茶を知って、さまざまな香りや味、飲み方を楽しめる魅惑的なお茶の世界を旅してみよう。

Vol. 1102

本格的に春が到来 NY近郊の桜スポット!

長い冬が終わり、心も軽やか。街の至るところで見頃を迎えている桜はもちろん、市内やニューヨーク州近郊の春の花々が楽しめるスポットを紹介する。

Vol. 1101

一味違う! アカデミー賞
今月25日に開催される、「第93回 アカデミー賞授賞式」。新型コロナウイルスの影響で、同授賞式も例年と異なる形で開催される予定だ。俳優のスピーチや衣装など、何かと話題になる同授賞式の見どころを、徹底紹介していく。

Vol. 1100

今こそ学ぶ 日本人と米国の歴史

世界中から移民が集まる米国は日本と異なり、まだまだ歴史が浅い若い国だ。日本の先駆者たちが海をわたり、文化や社会の違いを学び、日本の発展に貢献した。しかし私たちは、その歴史をほとんど知らないまま米国に住んでいる。今号では、そういった歴史の一部を紹介していく。