警察と市民、一触即発 抗議活動で逮捕者続出 <マンハッタン>

先月25日にミネソタ州ミネアポリスで起きた黒人男性の死に対する抗議活動に、27〜28日の夜にかけてニューヨーク市内で数千人が参加。少なくとも300人近い逮捕者が出た。先月28日付NBCニューヨークが伝えた。

死亡したジョージ・フロイドさんの首を膝で抑えつけた警官(当時)、デレク・ショービン被告が第三級殺人および過失致死罪で逮捕、起訴されたわずか数時間後には、抗議活動が全国に広がった。

ニューヨーク市では先月28日午後から、ユニオンスクエアに集まった群衆が、警察の暴力に対抗するスローガン「息ができない」を唱えていた。

NYPDは翌29日の夜だけで、少なくとも200人近い逮捕者を確認。中には、パトカーに火炎びんを投げつけた後に拘留された女性2人がおり、シア警察委員長によると、女性らは殺人未遂に問われている。

NYPDは他にも、逮捕した参加者から、銃器、レンガ、ナックルなどを押収している。

また、この抗議活動中に大柄な男性警官が小柄な女性参加者を突き飛ばし、女性が脳しんとうを起した。この瞬間を収めた動画が、一晩で約600万回近く再生された。突き飛ばした警官に対して現在、NYPDによる調査が行われている。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1088

新型コロナ時代のサバイバルエクササイズ

2021年を迎えても新型コロナウイルスの猛威はなかなか鎮まらない。寒さも合間って自宅での巣ごもりが続くが、ここで運動不足になって抵抗力が落ちてしまうと本末転倒。そこで、今回は自宅でできるエクササイズと、その補助ツールやティップを紹介する。

Vol. 1086

まだまだ激動のコロナ渦教育

ニューヨーク市内の再度のシャットダウンも、いよいよ現実味を帯びてきた。リモート勤務に慣れてきた大人がいる一方、子供、そして親は、対応が二転三転する学校教育に戸惑いを覚えっぱなしだ。今、何が起こっている?

Vol. 1085

冬の乾燥対策で不安を撃退!

寒さが厳しくなるなか、新型コロナウイルスの猛威が再び押し寄せている。冬季は今まで以上にウイルスのまん延が懸念されているため、乾燥対策が重要だ。冬の乾燥対策でさまざまな不安を撃退しよう。