警察と市民、一触即発 抗議活動で逮捕者続出 <マンハッタン>

先月25日にミネソタ州ミネアポリスで起きた黒人男性の死に対する抗議活動に、27〜28日の夜にかけてニューヨーク市内で数千人が参加。少なくとも300人近い逮捕者が出た。先月28日付NBCニューヨークが伝えた。

死亡したジョージ・フロイドさんの首を膝で抑えつけた警官(当時)、デレク・ショービン被告が第三級殺人および過失致死罪で逮捕、起訴されたわずか数時間後には、抗議活動が全国に広がった。

ニューヨーク市では先月28日午後から、ユニオンスクエアに集まった群衆が、警察の暴力に対抗するスローガン「息ができない」を唱えていた。

NYPDは翌29日の夜だけで、少なくとも200人近い逮捕者を確認。中には、パトカーに火炎びんを投げつけた後に拘留された女性2人がおり、シア警察委員長によると、女性らは殺人未遂に問われている。

NYPDは他にも、逮捕した参加者から、銃器、レンガ、ナックルなどを押収している。

また、この抗議活動中に大柄な男性警官が小柄な女性参加者を突き飛ばし、女性が脳しんとうを起した。この瞬間を収めた動画が、一晩で約600万回近く再生された。突き飛ばした警官に対して現在、NYPDによる調査が行われている。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1078

リアルで! バーチャルで!

ハロウィーン体験

大規模なパーティーやパレードが難しくとも、10月だけのホラーな雰囲気は楽しめるはず! 今号は、ニューヨーカーが仕掛けるハロウィンの試みの数々をご紹介

Vol. 1077

こだわりのダイナー

ニューヨーク市内の飲食店では先月30日から、インドアも再開。がんばる飲食店への応援も込めて、老舗ダイナーから新しいダイナーまでを紹介します。あなたにとってのお気に入りの店が見つかるかも。

Vol. 1076

ニューヨークらしい秋冬ファッション

先行きが不安な今年の秋冬だからこそ、自分らしいおしゃれで、毎日を明るく過ごしたい! 日本に一時帰国するのを控えている人も多い今年は、あえて「ニューヨークらしい」ファッションを楽しんでみない?

Vol. 1075

さりげなく差を付ける身だしなみ

新型コロナウイルスの影響で自粛生活が続き、外出しないため、身だしなみにもこだわらなくなった人も多いのでは? 外出の機会も増えていく中、さりげなく、そして、かっこよくきめる、NY在住者のこだわりの身だしなみを今号では探ってみた。