メモリアルデーの週末、NYCのビーチは封鎖へ

ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ知事は5月22日(金)より、近隣州と足並みをそろえるため、州内の公共・私有ビーチの営業再開の許可を出した。ただし判断は各地の首長に委ねられており、ニューヨーク市は市内のビーチを引き続き閉鎖する。19日付のNewsdayが伝えた。

ニューヨーク市のビル・デブラシオ市長は19日、「ロングアイランドやニュージャージーとは異なる現実に直面している」と話し、閉鎖に対する市民への理解を求めた。

ロングアイランドはメモリアルデーの祝日に向けてビーチの再開を検討しているが、政府関係者は、ビーチを求めて他所から市民が殺到することを懸念している。サフォーク郡は、郡内住民のみがビーチ利用可能とすることを18日に発表した。

一方、ニュージャージー州は先週、州内のほとんどのビーチの営業を再開した。引き続き6フィートのソーシャルディスタンスを保つことが条件で、ビーチでのスポーツなどは禁止されている。

(5月19日)

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1179

今年も始まるホリデーシーズン とっておきのクリスマスギフトを見つけよう!

もうすぐクリスマス。ギフト選びに苦戦する人も少なくないはず。大切な人に喜んでもらえるものを、心を込めて贈りたいですよね。そこで今年人気のあるギフトの紹介からラッピング情報まで編集部がリサーチ。

Vol. 1178

知りたい! ペンステ改装計画

パンデミックの収束とともに、ニューヨークにも本格的ににぎわいが戻ってきた。今週は30年越しのリニューアル計画で活気付くペンステーションに迫る。

Vol. 1177

帰省特集 今年の冬休みは日本で過ごす!

コロナの規制が大幅に緩和され、帰国・入国がだいぶスムースになったこの冬。久しぶりに日本で年末年始を過ごそうと計画している方も多いでしょう。今回はそんな帰省事情をリサーチ。

Vol. 1176

ホリデーシーズン到来! みんなで楽しむサンクスギビング

サンクスギビングも近づいてきて、いよいよホリデーシーズンだ。ショッピングや冬のアクティビティーも楽しめる、大切な祝日であるサンクスギビング。そのルーツや習慣も知って、アメリカの祝日を楽しもう!