メモリアルデーの週末、NYCのビーチは封鎖へ

ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ知事は5月22日(金)より、近隣州と足並みをそろえるため、州内の公共・私有ビーチの営業再開の許可を出した。ただし判断は各地の首長に委ねられており、ニューヨーク市は市内のビーチを引き続き閉鎖する。19日付のNewsdayが伝えた。

ニューヨーク市のビル・デブラシオ市長は19日、「ロングアイランドやニュージャージーとは異なる現実に直面している」と話し、閉鎖に対する市民への理解を求めた。

ロングアイランドはメモリアルデーの祝日に向けてビーチの再開を検討しているが、政府関係者は、ビーチを求めて他所から市民が殺到することを懸念している。サフォーク郡は、郡内住民のみがビーチ利用可能とすることを18日に発表した。

一方、ニュージャージー州は先週、州内のほとんどのビーチの営業を再開した。引き続き6フィートのソーシャルディスタンスを保つことが条件で、ビーチでのスポーツなどは禁止されている。

(5月19日)

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1137

ブロードウェーウィークがスタート!今、見るべきミュージカルガイド

昨秋、1年半ぶりに再開されたブロードウェーミュージカル。今月18日からはブロードウェーウィークが始まり話題の新作やリバイバル作品がめじろ押しだ。今、見るべきおすすめのミュージカルやその見どころをダンサーの小野由利加さんに紹介してもらう。

Vol. 1136

運気を上げる!ニューヨークの開運スポット

「今年こそは良い年にしたい!」と皆が希望を持つ新年。オミクロン株が猛威を振るう中、まだまだ先の見えない世の中を実感している人も多いはず。そんな状況に負けず、良いパワーを引き寄せて素敵な一年にするために、スピリチュアルの先生に2022年開運のヒントを教えてもらおう!

Vol. 1134

年末は編み物しながらリラックス!

今年もやってきた年の瀬。気温も下がり、自宅で過ごす時間が長くなるこの時期、暖かい部屋でお気に入りの音楽やポッドキャストを聞きながら、編み物に没頭してみるのはいかが? ストレス解消にもつながるという編み物の魅力を知ってみよう。