メモリアルデーの週末、NYCのビーチは封鎖へ

ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ知事は5月22日(金)より、近隣州と足並みをそろえるため、州内の公共・私有ビーチの営業再開の許可を出した。ただし判断は各地の首長に委ねられており、ニューヨーク市は市内のビーチを引き続き閉鎖する。19日付のNewsdayが伝えた。

ニューヨーク市のビル・デブラシオ市長は19日、「ロングアイランドやニュージャージーとは異なる現実に直面している」と話し、閉鎖に対する市民への理解を求めた。

ロングアイランドはメモリアルデーの祝日に向けてビーチの再開を検討しているが、政府関係者は、ビーチを求めて他所から市民が殺到することを懸念している。サフォーク郡は、郡内住民のみがビーチ利用可能とすることを18日に発表した。

一方、ニュージャージー州は先週、州内のほとんどのビーチの営業を再開した。引き続き6フィートのソーシャルディスタンスを保つことが条件で、ビーチでのスポーツなどは禁止されている。

(5月19日)

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1114

楽しい夏こそ紫外線対策!

太陽が燦々と照りつける毎日、外で楽しく遊べる季節だからこそ、きちんとした知識を持って、紫外線対策をしたいところ。紫外線に当たることで起こるさまざまな弊害も今号できちんと把握しておこう!

Vol. 1113

ちょっとそこまで  魅惑のシティーアイランド

ブロンクスにあるシティーアイランドは、シーフードやマリンスポーツをはじめ、のんびり散歩も楽しめるという魅力的な海辺の街。知る人ぞ知るリゾート地なだけに、訪れたことがないという人も多いかもしれない。そんなシティーアイランドの見所をたっぷりご紹介!

Vol. 1112

この夏は野球アツい!

野球大国であるアメリカ。シーズン真っ最中のMLBの観戦はもちろん、ここニューヨークでは日本人チームによる草野球も盛り上がっているようだ。そんな幅広い野球の魅力を今こそ語り合おう!

Vol. 1111

いよいよ経済再開! ニューヨーク復活へ

6月24日、ついにニューヨーク州の非常事態宣言が解除された。新型コロナウイルスのあらゆる制限が解除となり、約1年3カ月ぶりに本格的に経済再開を果たしたニューヨーク。街は復活に向け着々と進んでいる。