自家用車でサファリ体験 ニュージャージー州のテーマパークで

シックス・フラッグ・グレート・アドベンチャーは、ソーシャルディスタンスの基準に従い、園内のサファリ体験をドライブスルー形式で再開すると発表した。14日付のNBCが伝えた。

同パークは1974年から2012年の間、入場客の自動車でサファリパークを周ることができる、ドライブスルー形式のサファリ体験を提供していたが、2013年からは専用トラックに乗車してのガイドツアーに変更。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、再びセルフ・ドライブスルー形式で再開されることになった。

ドライブスルー形式のサファリパークでは、1200体もの動物を、自分の車から安全とプライバシーを保ちながら見学できるという。

この発表は、ニュージャージー州のフィル・マーフィー州知事が、ソーシャルディスタンスのガイドラインを満たしたドライブスルー形式のイベントを許可したことを受けてのもの。現在テーマパークは、ゲスト、従業員、動物を保護するための、新たなガイドラインを最終決定してる。サファリ・アドベンチャーは営業再開予定だが、遊園地とウオーターパークは引き続き閉鎖中だ。

混雑を防ぐため、サファリの利用にはシックス・フラッグスのオンライン事前登録が必要となる。営業再開日はまだ確定していないが、オンライン予約システムが有効になると、www.sixflags.com/reserveで、会員登録者、シーズンパス保持者、および1日券購入者が予約可能となる。

(5月15日)

<トップ画像はイメージです>

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1073

パンデミック明けのヘルスチェック

個々の努力が実り、パンデミックも鎮静化して来たニューヨーク。「まだまだ予断は許さない!」と警戒する人も多いが、そろそろコロナ以外の健康にも目を向けよう。ニューヨーク近辺にオフィスを構える医師5人に、「今、どんな健康被害が心配か」を聞いた。

Vol. 1072

今こそ、サステナブルな行動を!

今年1月、国連でSDGs(持続可能な開発目標)を達成するための「行動の10年」がスタート。温暖化の加速で地球が警鐘を鳴らし、自然環境を保持するサステナブル(持続可能)な暮らしが求められている。今こそ、できることから行動を起こそう!

Vol. 1071

新学期が始まる

新型コロナウイルスを意識しながらの登校再開か、遠隔授業か…今年は特に、子育てで悩む保護者も多いだろう。この秋学期を有意義にするには、どうすればいい? さまざまな立場の「教育者」に話を聞いた。

Vol.1070

ちまたで噂のCBDを有効活用

「CBD(シービーディー)」をご存知だろうか? 有効活用することでリラックス効果や安眠効果も得られるという、ナチュラル由来の成分。おうち時間も多い今、CBDを理解したうえでトライしてみては?