独立記念日花火大会、今年も開催へ

新型コロナウイルスの影響で夏の主要イベントのほとんどをキャンセルしたニューヨーク市だが、ビル・デブラシオ市長は4月22日、毎年恒例の独立記念日の花火大会を開催する方向で調整すると語った。同日付NBCニューヨークが伝えた。

同市長は、スポンサーであるメイシーズが、今年も何らかの形でショーを行うことに同意したという。「どのようになるかはまだ正確には分からないが、私たちがやらなければならないことはたくさんある。分かっていることは、このすばらしいショーが今年も続くということです」と、水曜日の朝にツイートで述べた。

先週20日の週の初めには、同市長が5月と6月に行われるイベントの開催許可の取り消しを発表。これには、プライドマーチ、プエルトリカンデー・パレード、イスラエルの祝日を祝うパレードなど、多くの人が集まるイベントが含まれる。7月4日(土)の花火大会については、同市長は「安全かつ、賢い方法で実行しなければならない」と語り、場所と方法はまだ決定されていない。

今年も花火大会を開催するためには、市民の新型コロナウイルスの検査と感染者の追跡が課題となる。同州の1日の検査数を4万件へ倍増したとしても、花火大会を開催するために必要な検査数には到底及ばないという。

(4月27日)

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1114

楽しい夏こそ紫外線対策!

太陽が燦々と照りつける毎日、外で楽しく遊べる季節だからこそ、きちんとした知識を持って、紫外線対策をしたいところ。紫外線に当たることで起こるさまざまな弊害も今号できちんと把握しておこう!

Vol. 1113

ちょっとそこまで  魅惑のシティーアイランド

ブロンクスにあるシティーアイランドは、シーフードやマリンスポーツをはじめ、のんびり散歩も楽しめるという魅力的な海辺の街。知る人ぞ知るリゾート地なだけに、訪れたことがないという人も多いかもしれない。そんなシティーアイランドの見所をたっぷりご紹介!

Vol. 1112

この夏は野球アツい!

野球大国であるアメリカ。シーズン真っ最中のMLBの観戦はもちろん、ここニューヨークでは日本人チームによる草野球も盛り上がっているようだ。そんな幅広い野球の魅力を今こそ語り合おう!

Vol. 1111

いよいよ経済再開! ニューヨーク復活へ

6月24日、ついにニューヨーク州の非常事態宣言が解除された。新型コロナウイルスのあらゆる制限が解除となり、約1年3カ月ぶりに本格的に経済再開を果たしたニューヨーク。街は復活に向け着々と進んでいる。