ロックダウン解除を求める集会 参加者はゼロ(スタテンアイランド)

スタテンアイランド
ロックダウン解除を求める集会か
参加者は警察官のみ

スタテンアイランドトッテンビルに貼られたチラシによると、アンドリュー・クオモ知事が現在のコロナウイルス感染拡大防止のために実施している「ニューヨーク・オン・ポーズ(PAUSE)」に抗議する、「ロックダウン解除を求める集会」が、ロックダウンによって働けなくなってしまった何者かによって19日(日)に計画されていたことが分かった。Slive.comが19日に伝えた。

かし、実際の日曜日の集会には誰も参加しなかったという。

抗議運動への参加を呼び掛けるチラシは、スタテンアイランドのページアベニュー沿いの、アンボーイロードとメインストリートの角にあるCVSにも貼られており、チラシによると、集会は19日午前11時からトッテンビルの会議場で開かれるはずだった。

「マスクは不要。子供も連れて来てください。ロックダウンにより働けない状況の人、もし病気でも、望むのであれば参加してください」と書かれていた。この文章の前には、トランプ大統領が掲げたスローガン「#MAGA」や、「Keep American Great」と書かれていた。

集会の開始時間には、警官が誰もいない会議場を巡回する姿が見られた。ニューヨーク市警察は、他者との社会的距離(ソーシャル・ディスタンス)を保たない人に対しては罰金を科すとしている。

同島での集会は実現しなかったものの、同様のロックダウン解除を求める抗議運動は国内で起きている。水曜日には、ミシガン州会議事堂の外で100人以上が抗議をし、故意に渋滞を発生させたとTIME紙が伝えた。またニューヨークタイムズ紙によると、テキサス州オースティンでは「アメリカを閉ざすことはできない」とうたった集会が、同州会議堂の外で起きた。

他にも、ユタ州、カリフォルニア州、ミネソタ州、オハイオ州、そしてニューヨーク州でも同様の動きがあった。

一連の抗議運動は、トランプ大統領がミネソタやミシガン、バージニアを「LIBERTE(解放せよ)」とツイートしたことに起因している。

(4月21日)

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1074

風を感じる

新型コロナウイルスの影響により、普段あまり気にしていなかった「換気」に注目が集まっている今、やはり「風」が生活のポイントといえるだろう! そこで、今号では身近な場所で「風をどこまで感じられるか」をテーマに、NYCや近郊で体験できる場所を紹介していく。

Vol. 1073

パンデミック明けのヘルスチェック

個々の努力が実り、パンデミックも鎮静化して来たニューヨーク。「まだまだ予断は許さない!」と警戒する人も多いが、そろそろコロナ以外の健康にも目を向けよう。ニューヨーク近辺にオフィスを構える医師5人に、「今、どんな健康被害が心配か」を聞いた。

Vol. 1072

今こそ、サステナブルな行動を!

今年1月、国連でSDGs(持続可能な開発目標)を達成するための「行動の10年」がスタート。温暖化の加速で地球が警鐘を鳴らし、自然環境を保持するサステナブル(持続可能)な暮らしが求められている。今こそ、できることから行動を起こそう!

Vol. 1071

新学期が始まる

新型コロナウイルスを意識しながらの登校再開か、遠隔授業か…今年は特に、子育てで悩む保護者も多いだろう。この秋学期を有意義にするには、どうすればいい? さまざまな立場の「教育者」に話を聞いた。