国外の医師免許を認可 全米で初の試み(NJ)

ニュージャージー州のフィル・マーフィー知事とグルビル・グレワル司法長官は17日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、米国外の医師免許を持つ同州居住の医師に対し、医師免許を認可すると発表した。同日付Patchが伝えた。

「ニュージャージ州は、最前線の医療現場を助けるために国際的な知識と経験を受け入れる、最初の州だ」とマーフィー知事は話した。

国外の医療免許を持つ医師を一時的に認可するこのプログラムは、現在同州の消費者庁にて申し込みを受け付けている。応募条件は、米国で合法的に労働できるステータスであり、かつ米国外の医師免許を持っていること。その他の条件は、

・内科での診療経験が最低5年以上あること

・最後に行った診療行為からのブランクが5年以内であること

・プログラムに支障の出るような懲戒処分や歴犯罪歴がないこと

・申込書に関連する、医師免許や、職務経歴などを含む書類を提出できること

この免許は現在の緊急事態下でのみ有効。また医師は、ニュージャージー州指定の施設でのみ医療行為が認められる。

プログラムの詳細については、同庁の以下URLからも確認できる。

http://d31hzlhk6di2h5.cloudfront.net/20200417/3e/cc/f1/be/dc41b6f41c318111f2294f9f/FAQ-Foreign-Licensed-Doctor-Program.pdf

<4月20日>

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1073

パンデミック明けのヘルスチェック

個々の努力が実り、パンデミックも鎮静化して来たニューヨーク。「まだまだ予断は許さない!」と警戒する人も多いが、そろそろコロナ以外の健康にも目を向けよう。ニューヨーク近辺にオフィスを構える医師5人に、「今、どんな健康被害が心配か」を聞いた。

Vol. 1072

今こそ、サステナブルな行動を!

今年1月、国連でSDGs(持続可能な開発目標)を達成するための「行動の10年」がスタート。温暖化の加速で地球が警鐘を鳴らし、自然環境を保持するサステナブル(持続可能)な暮らしが求められている。今こそ、できることから行動を起こそう!

Vol. 1071

新学期が始まる

新型コロナウイルスを意識しながらの登校再開か、遠隔授業か…今年は特に、子育てで悩む保護者も多いだろう。この秋学期を有意義にするには、どうすればいい? さまざまな立場の「教育者」に話を聞いた。

Vol.1070

ちまたで噂のCBDを有効活用

「CBD(シービーディー)」をご存知だろうか? 有効活用することでリラックス効果や安眠効果も得られるという、ナチュラル由来の成分。おうち時間も多い今、CBDを理解したうえでトライしてみては?