国外の医師免許を認可 全米で初の試み(NJ)

ニュージャージー州のフィル・マーフィー知事とグルビル・グレワル司法長官は17日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、米国外の医師免許を持つ同州居住の医師に対し、医師免許を認可すると発表した。同日付Patchが伝えた。

「ニュージャージ州は、最前線の医療現場を助けるために国際的な知識と経験を受け入れる、最初の州だ」とマーフィー知事は話した。

国外の医療免許を持つ医師を一時的に認可するこのプログラムは、現在同州の消費者庁にて申し込みを受け付けている。応募条件は、米国で合法的に労働できるステータスであり、かつ米国外の医師免許を持っていること。その他の条件は、

・内科での診療経験が最低5年以上あること

・最後に行った診療行為からのブランクが5年以内であること

・プログラムに支障の出るような懲戒処分や歴犯罪歴がないこと

・申込書に関連する、医師免許や、職務経歴などを含む書類を提出できること

この免許は現在の緊急事態下でのみ有効。また医師は、ニュージャージー州指定の施設でのみ医療行為が認められる。

プログラムの詳細については、同庁の以下URLからも確認できる。

http://d31hzlhk6di2h5.cloudfront.net/20200417/3e/cc/f1/be/dc41b6f41c318111f2294f9f/FAQ-Foreign-Licensed-Doctor-Program.pdf

<4月20日>

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1082

ニューヨークで故郷の味

一時帰国できなくても、ニューヨークにはおいしい日本食がある! 今号では、沖縄・北海道・福岡・大阪の郷土料理を提供するレストランを紹介。

Vol. 1081

コロナウイルスニューヨーク・2020年秋冬版

まだまだ忍耐の日々は続きそうだ。現在進行形で感染者数が激増しているが、検査の実態は? 日本へ帰国するとどうなる? ジャピオンと情報を整理しよう。

Vol. 1080

進むキャッシュレス化

新型コロナウイルスの影響で、ますますキャッシュレス化が加速している。コロナ禍での変化や便利なツールなどを、専門家たちに聞いてみた。

Vol. 1079

食欲の秋

ステーキが食べたい

おいしいものをたらふく食べたい季節ということで、今号ではステーキを大特集! サンクスギビング、クリスマスシーズンを前に、お家でおいしくステーキを焼くテクニックや、おいしいステーキが味わえるスポットを知っておくべし!