国外の医師免許を認可 全米で初の試み(NJ)

ニュージャージー州のフィル・マーフィー知事とグルビル・グレワル司法長官は17日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、米国外の医師免許を持つ同州居住の医師に対し、医師免許を認可すると発表した。同日付Patchが伝えた。

「ニュージャージ州は、最前線の医療現場を助けるために国際的な知識と経験を受け入れる、最初の州だ」とマーフィー知事は話した。

国外の医療免許を持つ医師を一時的に認可するこのプログラムは、現在同州の消費者庁にて申し込みを受け付けている。応募条件は、米国で合法的に労働できるステータスであり、かつ米国外の医師免許を持っていること。その他の条件は、

・内科での診療経験が最低5年以上あること

・最後に行った診療行為からのブランクが5年以内であること

・プログラムに支障の出るような懲戒処分や歴犯罪歴がないこと

・申込書に関連する、医師免許や、職務経歴などを含む書類を提出できること

この免許は現在の緊急事態下でのみ有効。また医師は、ニュージャージー州指定の施設でのみ医療行為が認められる。

プログラムの詳細については、同庁の以下URLからも確認できる。

http://d31hzlhk6di2h5.cloudfront.net/20200417/3e/cc/f1/be/dc41b6f41c318111f2294f9f/FAQ-Foreign-Licensed-Doctor-Program.pdf

<4月20日>

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1152

ニューヨークで学ぶ! 楽しむ! 子供の習い事 最新情報

新しい生活がスタートする5月。この時期に子供に習い事をさせたいと考える親も多い。子供向けの習い事教室の傾向や日米の違い、選ぶときの注意点やポイントなどについて、教育コンサルタントの船津徹さんに話を聞いた。

Vol. 1151

日本の手仕事

来る14日に開催されるジャパンパレードにちなみ、今号は日本の手仕事を特集する。日本の工芸やデザインをニューヨークに紹介してきた第一人者や、当地で活動する工芸作家、日本の無名作家を発掘する若きギャラリーオーナーに話を聞いた。

Vol. 1150

ニューヨーク、フードトラック最前線!

屋外でランチを楽しめる季節になってきた    ニューヨーク。テイクアウト需要が高まり、ますます進化を遂げているのがフードトラックだ。今号ではパンデミックの影響や近年のトレンドについて解説し、ニューヨークで楽しめるおすすめ のフードトラックを紹介する。

Vol. 1149

ニューヨークで犬猫と過ごす快適ライフ

マンハッタンを歩けば道やカフェ、ショップなどでもたくさんの犬を見掛けるほど、ニューヨークはドッグフレンドリーな街。最近ではさまざまなサービスやグッズ、ペットフードも充実し、家族の一員として迎えやすくなっている。最近のペット市場を覗いてみよう。