ウェブ限定 ひとくちエッセー「女性の体に、いま一番大切なこと」(村井ゆきこ)

アメリカでは、国民による国会議事堂乱入という歴史的事件が起き、また、日本では再びコロナ感染予防のための非常事態宣言発令と、混沌とした情勢が続いています。

でもこんな時だからこそ、私たち女性がすべき一番大事なこと。それは、自分と繋がることです。

あなたは毎日『自分と繋がる時間』を持てていますか? 毎日がなんやかんやと忙しく、気付いたら、あ、もう夜。。。ということも多いのではないでしょうか?

自分と繋がる? どうやって? 座禅や瞑想? でなくて全然いいんです!

自分に帰る時間。自分を感じる時間。自分のための時間。

例えば、運動。自分のために毎日決まった時間に運動をする。

今のような情勢では、私たちの自律神経は無意識に交感神経が活発になり、見えないストレスにゆっくり首を締められている状態と同じです。気づかないうちに呼吸も浅くなり血流も悪くなっています。

この自律神経のアンバランスを放っておくと、特に40歳以上の女性の場合は更年期症状が悪化し、体の様々な不調が起こることがあります。

なので、この場合の運動とは、努めて、副交感神経が優位になるようなゆるーい運動、なんちゃって運動がオススメです。

ジョギングだと交感神経が優位になるので、お散歩がベスト! もちろん、ジョギングがお散歩気分でできる! というほど習慣になっている方は、どうぞジョギングを! お散歩じゃ物たらない方は早歩き程度で十分です。

それか、カカトの上下運動を50回など、、、。カカトの上下運動も、どこにもつかまらずにやると、体幹も使いかなりの運動量です。

本当に「ちょっとした運動」でいいのです。ただし、これを毎日なるべく同じ時間に繰り返します。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1089

風水&手相2021年の運気アップ!

暗くつらい日々が続くなら、自分なりに運命を知り、切り開くのも大切な考えだ。風水と手相の先生に、新しい自分に出会うためティップを教えてもらおう! 

Vol. 1088

新型コロナ時代のサバイバルエクササイズ

2021年を迎えても新型コロナウイルスの猛威はなかなか鎮まらない。寒さも合間って自宅での巣ごもりが続くが、ここで運動不足になって抵抗力が落ちてしまうと本末転倒。そこで、今回は自宅でできるエクササイズと、その補助ツールやティップを紹介する。

Vol. 1086

まだまだ激動のコロナ渦教育

ニューヨーク市内の再度のシャットダウンも、いよいよ現実味を帯びてきた。リモート勤務に慣れてきた大人がいる一方、子供、そして親は、対応が二転三転する学校教育に戸惑いを覚えっぱなしだ。今、何が起こっている?