心と体のメンテナンス

甲状腺疾患と妊娠 低下症と亢進症の治療法(後編)

低下症と亢進症の治療法
年齢など条件考慮し判断

Q. 妊娠前に甲状腺機能低下症と診断されたら?

A.

母体の甲状腺から分泌される甲状腺ホルモンが、妊娠と出産、胎児の発育、特に妊娠12週目までの臓器の発達に不可欠なことは、前回お話ししました。

甲状腺機能低下症(以下、低下症)とは、甲状腺機能に異常が生じ、甲状腺ホルモンの分泌が不足した状態です。母体はもとより胎児への影響が心配なので、産婦人科や内分泌内科などで治療を始め、妊娠前にホルモンバランスを整えておきましょう。適切な治療と管理によって、大抵のケースで問題なく妊娠と出産が可能です。

「橋本病」は、低下症を引き起こす代表的な病気です。本来体を守るはずの免疫が甲状腺を攻撃し、甲状腺に慢性炎症が起こる結果、生じます。 

Q. 低下症はどのように治療しますか?

A.

不足分を、甲状腺ホルモンの錠剤で補います。治療は長期間になることも多く、腫瘍が原因で甲状腺の摘出手術を受けた場合など、薬を一生飲み続ける必要があります。

薬の副作用を心配する人もいますが、もともと体にあるホルモンを合成したものなので、医師の指示通り服用していれば問題ありません。妊娠前や妊娠中に服用を続けても、妊娠・出産、胎児への影響もありません。個人差はありますが、服用開始から約4~8週間でホルモンレベルは正常値に回復します。

産婦人科では、妊婦の甲状腺機能検査を定期的に行います。妊娠中は母体の甲状腺に負荷が掛かるため、妊娠前や初期に正常だった甲状腺機能も、妊娠してしばらくすると低下することがあるからです。妊娠中でなければ様子を見るような軽症のケースでも、妊婦、特に妊娠12週目までは、胎児への影響を避けるため、すぐにホルモン剤による治療を検討します。

妊娠前から低下症や橋本病治療のためホルモン剤を服用していたケースでは、妊娠中にホルモン不足になるのを避けるため、妊娠が分かった時点で薬の量を増やすのが一般的です。定期検査で様子を観察し、用量を細かく調整します。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1100

今こそ学ぶ 日本人と米国の歴史

世界中から移民が集まる米国は日本と異なり、まだまだ歴史が浅い若い国だ。日本の先駆者たちが海をわたり、文化や社会の違いを学び、日本の発展に貢献した。しかし私たちは、その歴史をほとんど知らないまま米国に住んでいる。今号では、そういった歴史の一部を紹介していく。

Vol. 1099

元祖ソウルフード ピザ魅力

「アメリカらしさ」「ニューヨークらしさ」が揺らいでも、ピザのうまさは揺らがない。ピザ激戦区・ニューヨークでも「名店」とうたわれる店を食べ比べて、その奥深さに思いをはせてみよう 。

Vol. 1098

春ファッションが楽しくなる かわいい小物にくびったけ!

いよいよ春が到来! 不安の尽きない日々だけど、お気に入りファッションに身を包めば自然と気分もアップするはず。トレンドの小物を取り入れて、今ならではの春ファッションをエンジョイしよう!

Vol. 1097

まだまだ不安の多い時代だからこそ

今すぐ実践 ストレス解消法を一挙紹介!

春の気配とワクチンの普及を感じながらも、まだまだ続く寒さとコロナによって、閉塞感や不安を抱えている人が増えている。身近に手軽にできるものから、ちょっと足を伸ばして行えるストレス解消法までを一挙ご紹介。ストレスを手放し、心身共に健康な状態で春を迎えよう!