ニューヨーカーが使う自然な英語

〈第39回〉「気が合う」は英語でなんて言う?

~New Yorker’s English Expressions~
ニューヨーカーが使う自然な英語

好みや考え方が似ていて一緒にいて楽な関係性を「気が合う」と言いますよね。日本語では、他にも「相性が良い」や「意気投合する」、「馬が合う」などさまざまな言い方がありますが、英語ではどのようは表現があるのでしょうか。一緒に学んでいきましょう。


1 get along with 〜「気が合う、仲が良い」

– I get along with my brother.(兄と気が合います。)

– I’m getting along with my new co-workers.(私は新しい同僚たちと気が合います。)


2 hit it off 「意気投合する」

– When I met my new co-worker, we hit it off immediately.(新しい同僚に会った時、私たちはすぐに意気投合しました。)

– Jane and Ken met at a party and hit it off.(ジェーンとケンはパーティーで出会って意気投合しました。)


click「意気投合する」

– We both love heavy metal music, so we really clicked.(私たちは二人ともヘビーメタル音楽が好きだったので、本当に意気投合しました。)

– We clicked from the moment we met.(出会った瞬間から、意気投合しました。)


その他の使える単語&フレーズ♪

日本語では、全く気が合わない仲の悪い関係性を「犬猿の仲」と言いますが、英語では「油と水」や「猫と犬」を用いて、相性の悪さを表現します。

– We’re like oil and water.(私たちは全く気が合わない。)

– We fight like cats and dogs. (私たちは犬猿の仲です。)


【監修】ジェニファー・ストロング講師(Strong English Services) www.strongenglishservices.com
23年間の経験と資格を持つNY州のESL教師。自宅、オフィス、ビデオチャットから簡単に英語を学習可能!

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1245

春到来! 週末のプチお出かけ 〜ハドソン川流域・キャッツキル山麓編〜

桜の花も満開を迎え春の行楽シーズンがやって来た。ニューヨーク市内から日帰りできるハドソン川流域・キャッツキル山麓の人気のスポットを紹介しよう。

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。