ニューヨーカーが使う自然な英語

〈第28回〉「面倒くさい」は英語でなんて言う?

~New Yorker’s English Expressions~
ニューヨーカーが使う自然な英語

「掃除をするのが面倒くさい…」「会社に行くのが面倒くさい…」など日常生活の中でも実はけっこうよく使う「面倒くさい」の一言。億劫で気が乗らない、というニュアンスがしっかり伝わる英語表現を学びましょう。


1 〜 is such a pain / hassle!「 〜することは本当に面倒くさい」

〜には、動名詞(〜ing)や名詞を入れる。

– Cleaning is such a pain ! (掃除はなんて面倒なんだ!)

– This task is such a hassle ! (この仕事はとても面倒だ!)


2 I can’t be bothered to ~「 わざわざ~したくない」

「面倒だ」という意味の“bother”を使った表現。

– It’s raining, I can’t be bothered to go out. (雨が降っているので、わざわざ出かけたくない。


3 I’m too lazy to 〜「 〜するのが面倒くさい」

直訳すると「億劫すぎて〜できない、〜するには億劫すぎる」という意味で、「面倒くさい」という気持ちを表せる。

– I’m too lazy to do laundry.( 洗濯するのが面倒くさい。)

– My husband is too lazy to cook. (夫は料理をするのが面倒くさい。)


その他の使える単語&フレーズ

・A difficult person(面倒くさい人)

– He’s a difficult person who always complains. (彼はいつも文句ばかりの面倒な人だ。)

・What a pain! / What a hassle! / How annoying! (もう面倒くさいなぁ!)


【監修】ジェニファー・ストロング講師(Strong English Services) www.strongenglishservices.com
23年間の経験と資格を持つNY州のESL教師。自宅、オフィス、ビデオチャットから簡単に英語を学習可能!

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。