ニューヨーカーが使う自然な英語

〈第28回〉「面倒くさい」は英語でなんて言う?

~New Yorker’s English Expressions~
ニューヨーカーが使う自然な英語

「掃除をするのが面倒くさい…」「会社に行くのが面倒くさい…」など日常生活の中でも実はけっこうよく使う「面倒くさい」の一言。億劫で気が乗らない、というニュアンスがしっかり伝わる英語表現を学びましょう。


1 〜 is such a pain / hassle!「 〜することは本当に面倒くさい」

〜には、動名詞(〜ing)や名詞を入れる。

– Cleaning is such a pain ! (掃除はなんて面倒なんだ!)

– This task is such a hassle ! (この仕事はとても面倒だ!)


2 I can’t be bothered to ~「 わざわざ~したくない」

「面倒だ」という意味の“bother”を使った表現。

– It’s raining, I can’t be bothered to go out. (雨が降っているので、わざわざ出かけたくない。


3 I’m too lazy to 〜「 〜するのが面倒くさい」

直訳すると「億劫すぎて〜できない、〜するには億劫すぎる」という意味で、「面倒くさい」という気持ちを表せる。

– I’m too lazy to do laundry.( 洗濯するのが面倒くさい。)

– My husband is too lazy to cook. (夫は料理をするのが面倒くさい。)


その他の使える単語&フレーズ

・A difficult person(面倒くさい人)

– He’s a difficult person who always complains. (彼はいつも文句ばかりの面倒な人だ。)

・What a pain! / What a hassle! / How annoying! (もう面倒くさいなぁ!)


【監修】ジェニファー・ストロング講師(Strong English Services) www.strongenglishservices.com
23年間の経験と資格を持つNY州のESL教師。自宅、オフィス、ビデオチャットから簡単に英語を学習可能!

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1237

NYCで注目のハイエンドなコリアンレストラン

近年、ニューヨークのミシュランガイドを賑わすようになったコリアンレストラン。ミシュランのみならず、ファインダイニングと呼ばれるハイエンドでモダンなスタイルのものが増えている。韓国のエンタメ人気も後押しし、勢いを増すコリアンレストランをレポートする。

 

Vol. 1236

バレンタインに素敵な花を贈ろう

もうすぐバレンタインデー! 米国では男性から女性に花を贈るのが一般的。どのような花を贈ったらパートナーに喜んでもらえるのか、好みの花や色をおさえつつおしゃれで美しい花を選びたいもの。本号では抜群のセンスを放つフラワーショップやバレンタインデー限定メニューなどを紹介する。

Vol. 1234

ヨークの中の

2024年はパリ・オリンピックの年。開催までには半年あるが、今週はニューヨークでパリを体感できる場所やグルメスポットを紹介。併せて今から動向をチェックしておきたいフランス出身の選手に注目する。