ニューヨーカーが使う自然な英語

〈第25回〉ホームパーティーにご招待

~New Yorker’s English Expressions~
ニューヨーカーが使う自然な英語

米国ではホームパーティーを開く機会が多く、季節のイベントや人生の節目には、家族や友人を招いて楽しい時間を過ごします。今回は自分がパーティーをホストする際に招待客へ送るメッセージ例を学びましょう。


メッセージ例① 引っ越しパーティー

Welcome to our new home! (私たちの新しい家へようこそ!)

We’re having a housewarming party! (私たちは新築祝いのパーティーを開きます。)

Would you please join us on Saturday? (土曜日にご参加いただけませんか?)

I hope you can make it!( ぜひ来てくださいね!)

Feel free to BYOB*! (飲み物は各自持ち寄り!)

*BYOB=Bring Your Own Beer/Beverage/Bottle/Booze


メッセージ例② サンクスギビングのホームパーティー

Please join us for a potluck party forFriendsgiving! (うちでフレンズギビングの持ち寄りパーティーをするので、ぜひお越しください!)

Please bring a dish to share! (シェアできるお料理をご持参ください!)

We will provide drinks and dessert. (ドリンクとデザートはこちらでご用意します。)

We can’t wait to see everyone! (皆様にお会いできるのを楽しみにしています!)

Please RSVP* by 5th. 5日までにご返信ください。)

*RSVP=Répondez s’il vous plaît (フランス語で「お返事ください」という意味。招待状によく使われる。)


他にも使える単語&フレーズ♪

・Friendsgiving(フレンズギビング)

一般的には家族や親戚と過ごすことが多いサンクスギビングと呼ばれる感謝祭。しかし家族が遠く離れて暮らしている人は、友達と集いお祝いする人も多いようです。このように友達と過ごすサンクスギビングを「Friendsgiving(Friends + Thanksgiving)」と呼びます。


【監修】ジェニファー・ストロング講師(Strong English Services) www.strongenglishservices.com
23年間の経験と資格を持つNY州のESL教師。自宅、オフィス、ビデオチャットから簡単に英語を学習可能!

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。

Vol. 1247

我らのドジャース

大谷翔平選手の一挙手一投足から目が離せない。スポーツ報道でLAドジャースの名前を見ない日はない。5月1日現在の勝率・621でナ・リーグ西部地区トップ。そのドジャースが、5月末には対NYメッツとの3連戦、6月には対NYヤンキースとの交流戦で当地にやって来る。NYジャピオン読者としては憎き敵軍なるも大谷選手の活躍に胸が熱くなる複雑な心境。だが、LAドジャースの「旧姓」はブルックリン。昔はニューヨークのチームだったのだ。

Vol. 1246

人気沸ピックルボールを楽しもう

あちこちに花も咲き乱れ、4月に入りニューヨークにも春が到来した。本号ではこれからの季節、屋外でも楽しめるピックルボールを紹介する。テニスよりも狭いスペースで出来るピックルボールはここ数年、ニューヨークでも人気だ。

Vol. 1245

春到来! 週末のプチお出かけ 〜ハドソン川流域・キャッツキル山麓編〜

桜の花も満開を迎え春の行楽シーズンがやって来た。ニューヨーク市内から日帰りできるハドソン川流域・キャッツキル山麓の人気のスポットを紹介しよう。