ニューヨーカーが使う自然な英語

〈第23回〉「酔っ払う」は英語でなんて言う?

~New Yorker’s English Expressions~
ニューヨーカーが使う自然な英語

年末に近づくにつれイベントごとも多くなり、お酒を飲む機会も増えるこれからの季節。ところで一口に「お酒に酔っ払う」といっても、ほろ酔いなのか泥酔なのかレベルがありますよね。そんな「酔っ払う」のさまざまな表現を学びましょう!


1 ほろ酔い程度に酔っ払う: get tipsy, get a buzz on

“get a buzz on”は「興奮している、嬉しい」というニュアンスもあり、気分良くほろ酔いしているイメージ。

– I’m so embarrassed! I got tipsy after two beers.( 恥ずかしい ! ビールを2杯飲んでほろ酔いになった。)

– They got a buzz on from the cocktails.( 彼らはカクテルを飲んでほろ酔いになった。)


2(普通に)酔っ払う: be feeling no pain, get drunk / lit / sloshed, be liquored up

“be feeling no pain”には、酔って気分が良くなっているイメージも。

– He was feeling no pain after five beers.( ビールを5杯飲んだあと酔ってしまった。)

– Everyone got drunk / lit /sloshed at the party.( パーティーでみんな酔ってしまった。)

– I was liquored up and lost my phone.( 酔って携帯電話を失くしてしまった。


3 泥酔する、ベロンベロンになる: get wasted / wrecked / plastered / blotto, be three sheets to the wind

“be three sheets to the wind”は、訳が分からなくなるほど酔っているイメージも。

– He often gets wasted / wrecked / plastered / blotto at parties.( 彼はパーティーでしばしば泥酔する。)

– I was three sheets to the wind after I got fired.( 解雇され、泥酔した。)


その他の使える単語&フレーズ

・have a hangover(二日酔いである)・drink like a fish(大酒飲みである)・hold one’s liquor(酒に強い)

・lightweight(下戸)・teetotaler(絶対禁酒家)・get on the wagon( 禁酒する)

・Fall off the wagon(つい禁酒を破ってしまう)・Liquid courage(酒の力を借りた勇気)


【監修】ジェニファー・ストロング講師(Strong English Services) www.strongenglishservices.com
23年間の経験と資格を持つNY州のESL教師。自宅、オフィス、ビデオチャットから簡単に英語を学習可能!

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。

Vol. 1247

我らのドジャース

大谷翔平選手の一挙手一投足から目が離せない。スポーツ報道でLAドジャースの名前を見ない日はない。5月1日現在の勝率・621でナ・リーグ西部地区トップ。そのドジャースが、5月末には対NYメッツとの3連戦、6月には対NYヤンキースとの交流戦で当地にやって来る。NYジャピオン読者としては憎き敵軍なるも大谷選手の活躍に胸が熱くなる複雑な心境。だが、LAドジャースの「旧姓」はブルックリン。昔はニューヨークのチームだったのだ。

Vol. 1246

人気沸ピックルボールを楽しもう

あちこちに花も咲き乱れ、4月に入りニューヨークにも春が到来した。本号ではこれからの季節、屋外でも楽しめるピックルボールを紹介する。テニスよりも狭いスペースで出来るピックルボールはここ数年、ニューヨークでも人気だ。