ニューヨーカーが使う自然な英語

〈第22回〉「怖い」は英語でなんて言う?

~New Yorker’s English Expressions~
ニューヨーカーが使う自然な英語

この季節、街に溢れるお化けなどの怖いハロウィーンのデコレーション。ところで「怖い」って英語ではどう表現するのでしょう? “afraid”や“scared”、ハロウィーンによく聞く“spooky”などがありますが、今回はネイティブがよく使うイディオムに絞って、「怖い」の表現を学びましょう。


1 be scared stiff

“stiff”は「硬直した」という意味があり、怖くて動けないほど怯えることを表す。“stiff”にはスラングで「死骸」という意味も。

I’m scared stiff of spiders.( 体がこわばるほどクモが怖い。)


2 be shaking like a leaf

葉っぱが揺れるように、体が震えている様子を表す。怖いときだけでなく、寒くて震えているときにも使える。

He was shaking like a leaf when he heard the news.( 彼はそのニュースを聞いた時ブルブル震えていた。)


3 get the heebie – jeebies

ビクビクした様子を表す、米国の漫画から生まれた新語。

I got the heebie – jeebies when I watched the horror movie. (私はホラー映画を見て、ビクビクしていた。


4 get goose bumps

鳥肌が立つことを表す。怖いときだけでなく、寒いとき、驚いたときにも使える。

I’m getting goose bumps talking about ghosts.( 幽霊の話をしていると鳥肌が立ってきた。)


その他の使える単語&フレーズ

■ ハロウィーンに使える、定番のダジャレフレーズを紹介!

– Have a spook-tacular night !(不気味な夜を!) spookyとspectacularを合わせた造語

– I witch you a Happy Halloween !( 楽しいハロウィーンを!) wishの代わりにwitch(魔女)

– Have a bootiful Halloween !( 素敵なハロウィーンを!) booとbeautifulを合わせた造語


【監修】ジェニファー・ストロング講師(Strong English Services) www.strongenglishservices.com
23年間の経験と資格を持つNY州のESL教師。自宅、オフィス、ビデオチャットから簡単に英語を学習可能!

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。

Vol. 1240

今年のセントパトリックデーはイル文化を探索しよう

3月17日(土)のセントパトリックデー(Saint Patrick’s Day。以下:聖パトリックデー)が近づくとニューヨークの街中が緑色の装飾で活気づく。一足先に春の芽吹きを感じさせるこの記念日は、アイルランドの血を引く人にとっては「盆暮れ」と同じくらい大事。大人も子供も大はしゃぎでパレード見物やアイリッシュパブに出かける。聖パトリックデーとアイルランド魂の真髄を紹介する。