ニューヨーカーが使う自然な英語

〈第16回〉「相槌」は英語でなんて言う?

~New Yorker’s English Expressions~
ニューヨーカーが使う自然な英語

コミュニケーションをスムーズに運ぶためにとっても大切な「相槌」。毎回同じ表現ではなく、相槌のバリエーションを増やすことで、ワンランク上の聞き上手になりましょう!


1 一般的な相槌

– I see.(なるほど。)

– Right.(そうですね。)

– Is that so ?(そうなんですか?)


2 「同意」や「共感」の気持ちを表す相槌

– I feel the same.(同感です。)

– I hear you. I get it.(わかった、わかった。)

– Same here !(私も!)

– Exactly. / Absolutely. / Indeed. / Certainly.(その通り。)

– Definitely. / Totally. / For sure.(たしかに。)


3 相手の話に対して「驚き」や「感想」を伝える相槌

– Really ?(本当に?)

– No way !(うそでしょ!)

– Awesome ! / Amazing ! / That’s great !(素晴らしい!)

– That’s too bad. / That’s a shame.(残念ですね。)

– That’s terrible / awful.(それはひどいね。)

– That’s a bummer.(がっかりだね。)


その他の使える単語&フレーズ♪

■ 曖昧に濁す時に使える相槌
– I guess so.(そうかもね。)
– Maybe. / Probably.(そうかもね。)
– Could be.(かもしれないね。)

【監修】ジェニファー・ストロング講師(Strong English Services) www.strongenglishservices.com
23年間の経験と資格を持つNY州のESL教師。自宅、オフィス、ビデオチャットから簡単に英語を学習可能!

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1237

NYCで注目のハイエンドなコリアンレストラン

近年、ニューヨークのミシュランガイドを賑わすようになったコリアンレストラン。ミシュランのみならず、ファインダイニングと呼ばれるハイエンドでモダンなスタイルのものが増えている。韓国のエンタメ人気も後押しし、勢いを増すコリアンレストランをレポートする。

 

Vol. 1236

バレンタインに素敵な花を贈ろう

もうすぐバレンタインデー! 米国では男性から女性に花を贈るのが一般的。どのような花を贈ったらパートナーに喜んでもらえるのか、好みの花や色をおさえつつおしゃれで美しい花を選びたいもの。本号では抜群のセンスを放つフラワーショップやバレンタインデー限定メニューなどを紹介する。

Vol. 1234

ヨークの中の

2024年はパリ・オリンピックの年。開催までには半年あるが、今週はニューヨークでパリを体感できる場所やグルメスポットを紹介。併せて今から動向をチェックしておきたいフランス出身の選手に注目する。