ニューヨーカーが使う自然な英語

〈第14回〉「やっぱり」は英語でなんて言う?

~New Yorker’s English Expressions~
ニューヨーカーが使う自然な英語

日本語の「やっぱり」はシチュエーションによっていろんな意味を持ちます。日常会話にも頻出する「やっぱり」を、さまざまなケースに分けて表現方法を学びましょう!


1「やっぱり〇〇が一番」の「やっぱり」

他の物事と比較し、「結局のところ、巡り巡って、〇〇が一番良い! 好き!」ということを表す表現。

Nothing beats NYC bagels!(やっぱりNYCのベーグルが一番美味しいよね!)

– Shopping on 5th Avenue is the best!(やっぱり5番街でのショッピングが最高だよね!

After all, I like this book.(やっぱりあの本が好き。)


2「やっぱりこれにします」の「やっぱり」

一度決めたことをあとで変更するときに使う「やっぱり」の表現。

– Can I get a coffee? Actually a tea, please.(コーヒーもらえますか? やっぱり紅茶ください。)

– I was thinking of going to the party. On second thought, I won’t!(パーティーに行くつもり。やっぱりやめた!)

 


3「やっぱりね!」の「やっぱり」

物事が自分の思っていた通りだったとき、予想通りだったときに使う「やっぱり」の表現。

I knew it!/I thought so!(やっぱりね!)

As I expected, the subway was crowded.(やっぱり地下鉄が混んでいました。)

Just like I thought, that concert was amazing!(やっぱりあのコンサートは素晴らしかったです!


その他の使える単語&フレーズ♪

「やっぱり〜すればよかった」の「やっぱり」
– I should have studied harder at university.(やっぱり大学でもっと勉強しておけばよかった。)
– I should not have done that.(やっぱり私はそれをすべきではなかった。)

【監修】ジェニファー・ストロング講師(Strong English Services) www.strongenglishservices.com
23年間の経験と資格を持つNY州のESL教師。自宅、オフィス、ビデオチャットから簡単に英語を学習可能!

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1237

NYCで注目のハイエンドなコリアンレストラン

近年、ニューヨークのミシュランガイドを賑わすようになったコリアンレストラン。ミシュランのみならず、ファインダイニングと呼ばれるハイエンドでモダンなスタイルのものが増えている。韓国のエンタメ人気も後押しし、勢いを増すコリアンレストランをレポートする。

 

Vol. 1236

バレンタインに素敵な花を贈ろう

もうすぐバレンタインデー! 米国では男性から女性に花を贈るのが一般的。どのような花を贈ったらパートナーに喜んでもらえるのか、好みの花や色をおさえつつおしゃれで美しい花を選びたいもの。本号では抜群のセンスを放つフラワーショップやバレンタインデー限定メニューなどを紹介する。

Vol. 1234

ヨークの中の

2024年はパリ・オリンピックの年。開催までには半年あるが、今週はニューヨークでパリを体感できる場所やグルメスポットを紹介。併せて今から動向をチェックしておきたいフランス出身の選手に注目する。