ニューヨーカーが使う自然な英語

〈第12回〉「日焼け」は英語でなんて言う?

~New Yorker’s English Expressions~
ニューヨーカーが使う自然な英語

本格的な夏が到来し、日差しが気になる季節になりました。海やバケーション先で真っ黒に日焼けした人も多いはず。今回は、夏を楽しんだ証である「日焼け」をテーマに、さまざまな表現を学びましょう!


1 suntan 「(健康的な)日焼け」

健康的に日に焼けて、黒くなっているニュアンス。“tan”しているということは、その人が活動的に屋外で時間を過ごしている証拠!

– I tan easily.(私は日焼けしやすいです。)
– I got a suntan from playing tennis.(テニスで日焼けしました。)
– You got a really nice tan!(いい感じに日焼けしているね!)


2 sunburn 「(ヒリヒリする)日焼け」

日に焼け過ぎて、赤くなりヒリヒリしているイメージ。想定外に日焼けしすぎてしまった時などに使う。

– I got a terrible sunburn at the beach.(ビーチでひどい日焼けをしました。)
– Let’s put on sunblock so we don’t get a sunburn.(日焼けからお肌を守るために日焼け止めを塗りましょう。)
– You got really sunburned!(すごく日焼けしたね!)


3 sunbathe、get some sun 「日光浴する、太陽のもとで過ごす」

これらの表現は「太陽を浴びること」を表すフレーズで、間接的に日焼けすることを表す。

– He sunbathes on the balcony.(彼はベランダで日光浴をする。)
– Don’t just play video games inside, get some sun !(室内でゲームばかりしていないで、日を浴びなさい!)


その他の使える単語&フレーズ

・sunscreen/sunblock 「日焼け止め」
・ultraviolet ray(UV ray) 「紫外線」
・parasol 「日傘」

【監修】ジェニファー・ストロング講師(Strong English Services) www.strongenglishservices.com
23年間の経験と資格を持つNY州のESL教師。自宅、オフィス、ビデオチャットから簡単に英語を学習可能!

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。