ニューヨーカーが使う自然な英語

〈第11回〉「ねえねえ(呼びかけ)」は英語でなんて言う?

~New Yorker’s English Expressions~
ニューヨーカーが使う自然な英語

英語でいざ会話をしようとしたときに、相手を呼びかける第一声は意外と難しい。“Excuse me.”だけでなく、友達に対するカジュアルな呼びかけや、見知らぬ人や上司に使える丁寧な呼びかけなど、いろいろなフレーズを学びましょう。


1 仲の良い友達に対して注意を引くとき

友達に話を聞いてほしい時や話を切り出すときに使えるフレーズ。かなり親しい友人でないと攻撃的なニュアンスに取られるケースもあるのでご注意を。

– Guess what ? (ちょっと聞いてよ!)
– Hey, you know what ? (ねえねえ、知ってる?)
– Hey listen up, I’ve got something to tell you! (ねえ聞いて、言いたいことがあるんだけど!)


2 道で見知らぬ人に呼びかけるとき

見知らぬ人に道を聞きたいときなど、相手を引き止めるときに使える丁寧なフレーズ。

– Pardon me. (すみません。)
– Sorry to bother you. (お邪魔してすみません。)
– Sorry to trouble you. (迷惑かけてごめんなさい。)


3 相手に少し時間をもらいたいとき

相手が取り込み中の時に突然話しかけるのは少し気まずい…。そんな時に使える便利なフレー ズ。ビジネスシーンでも使えます。

– Do you have a minute ? (ちょっとお時間ありますか?)
– Is this a good time to talk ? (今話してもいいですか?)


その他の使える単語&フレーズ

・Bro/Dude 「男同士や男性に対するフレンドリーな呼びかけ」

・Sis/Ladies 「女性に対するフレンドリー呼びかけ」

・Babe/Baby/Honey 「ロマンチックな関係のパートナーに使える呼びかけ」


【監修】ジェニファー・ストロング講師(Strong English Services) www.strongenglishservices.com
23年間の経験と資格を持つNY州のESL教師。自宅、オフィス、ビデオチャットから簡単に英語を学習可能!

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1238

どうする? 今年のサマーキャンプ

ニューヨークも少しずつ春めいてきた。そろそろ夏休みの計画が気になり始める。特にお子さんのいる家庭では「サマーキャンプ、どうする?」といった会話が食卓でも上るのではないだろうか? 大自然の中で思いっきり身体を使うお泊まりキャンプから、ニューヨーク特有のリソースを利用する市内のデイキャンプまで選択肢は山ほどある。どうやったら2カ月を超える長い夏休みを子どもが退屈せず、かつ、親のストレスなく過ごせるか? サマーキャンプ選びのヒントを集めてみた。

Vol. 1237

NYCで注目のハイエンドなコリアンレストラン

近年、ニューヨークのミシュランガイドを賑わすようになったコリアンレストラン。ミシュランのみならず、ファインダイニングと呼ばれるハイエンドでモダンなスタイルのものが増えている。韓国のエンタメ人気も後押しし、勢いを増すコリアンレストランをレポートする。

 

Vol. 1236

バレンタインに素敵な花を贈ろう

もうすぐバレンタインデー! 米国では男性から女性に花を贈るのが一般的。どのような花を贈ったらパートナーに喜んでもらえるのか、好みの花や色をおさえつつおしゃれで美しい花を選びたいもの。本号では抜群のセンスを放つフラワーショップやバレンタインデー限定メニューなどを紹介する。