ニューヨーカーが使う自然な英語

〈第10回〉「夏バテ」は英語でなんて言う?

~New Yorker’s English Expressions~
ニューヨーカーが使う自然な英語

夏の暑さによる体調不良を一言で表せる便利な日本語「夏バテ」。英語に直訳 すると“summer fatigue”が最も近いかもしれませんが、実際の会話ではあま り使いません。夏の暑さやそれによる体調不良を表す英語表現を学びましょう!


1 暑さが原因で体調が良くないという表現

夏の暑さにより体調や気持ちがどうなったかを伝えることで「夏バテ」を表現します。

– I’m sick of the heat.(暑さにうんざりしている。)
– This heat wore me out/exhausted me.(この暑さですっかり体力が消耗した。)

– This heat is really getting on my nerves.(この暑さが嫌になってきた。)
– This heat is making me / us irritable.(この暑さにイライラしてくる。)
– This heat is killing me!(暑くて死にそう!)※スラング


2 夏の暑さを表現する天候表現

単純に“hot”だけでなく、うんざりするような暑さを別の表現で伝えてみましょう。

– It’s roasting these days.(このところ、ものすごく暑い。)
– Today is scorching.(今日は焼けつくように暑い。)
– It is sweltering.(うだるような暑さだ。)
– It’s so humid/muggy today.(今日はすごく蒸し蒸しする。)

– It’s a scorcher!(めちゃくちゃ暑い日だ!)※スラング


その他の使える単語&フレーズ

・heatstroke「熱中症」/dehydration「脱水症」 ・I feel nauseous. ( 吐き気がする)
・I feel dizzy. (めまいがする)
・I feel lethargic. (とてもだるく感じる。)

・I have no appetite. (今日は食欲がない。)


【監修】ジェニファー・ストロング講師(Strong English Services) www.strongenglishservices.com
23年間の経験と資格を持つNY州のESL教師。自宅、オフィス、ビデオチャットから簡単に英語を学習可能!

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。