ニューヨーカーが使う自然な英語

〈第8回〉「旅行」は英語でなんて言う?

~New Yorker’s English Expressions~
ニューヨーカーが使う自然な英語

本格的に夏が始まり、バケーションの季節!バケーションといえば旅行ですが、「旅行」を表す英語もいくつかありますよね。それぞれの単語のニュアンスの違いを学び、ネイティブのように自然に使い分けてみましょう!


1 trip 「(短い期間の)旅行」
特定の目的でどこかへ行く短い旅行のニュアンス。また“trip”を動詞として使うと「つまずく」という意味になる。

– He will go on a business trip next week. (彼は来週出張に行きます。)
– I took a trip to see my family. (家族に会うために旅行しました。)
– I tripped on a rock. (石につまずいてしまった。)

2 travel 「(一般的な)旅行」
期間や目的は特定しない、移動や旅行を指す一般的な言葉。

– I wish I could travel to Africa someday. (いつかアフリカに旅行できたらいいですね。)
– During the summer break, many students travel to Europe. (夏休みには、多くの学生がヨーロッパへ旅行します。)

3 journey 「旅、旅路」
tripやtravelより長い距離の移動するときや、旅の過程を強調したい場合に使用する。また慣用的な表現によく使われる。

– The journey from NYC to Jakarta took 20 hours by plane. (ニューヨークからジャカルタまでの旅程は飛行機で20時間かかりました。)
– The journey of a thousand miles begins with a single step. (千里の道も一歩から。)

<その他の使える単語&フレーズ>

・staycation 「遠出せずに自宅で過ごす休暇」
stay home(自分の家で時間を過ごす)+ vacation(休暇)という意味で作られた造語
– I was short on money, so I did a staycation here in NYC.(金欠なので、ニューヨークでステイケーションをしました。)

【監修】ジェニファー・ストロング講師(Strong English Services) www.strongenglishservices.com
23年間の経験と資格を持つNY州のESL教師。自宅、オフィス、ビデオチャットから簡単に英語を学習可能!

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。